JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

免許取り消し後に無免許違反で捕まって裁判となります。 警察及び検察庁での調書内容でウソを言った場合は、裁判では

解決済みの質問:

免許取り消し後に無免許違反で捕まって裁判となります。
警察及び検察庁での調書内容でウソを言った場合は、裁判では
どうなりますか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
警察や検察への調書はもちろん、裁判所での発言についても、被疑者・被告人が虚偽の発言をしたとしても、これを理由に罰せられることはありません。
(偽証罪というのがありますが、これは、裁判に証人として呼ばれた人の話であり、被告人本人には適用されません。)
しかし、これらの中で虚偽の発言をしているということは、その内容にもよりますが、その虚偽の事項以外の内容についても信用ができないと判断されたり、また反省をしていないと判断されるというような形で、量刑に響いてくることになります。
無免許運転の罰則は『3年以下の懲役又は50万円以下の罰金』とされており、これよりも重たい罰を受けることはありません。しかし、実際には初犯であれば20~30万円程度の罰金となることが多いのですが、これよりも重たくなるということは考えられます。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問