JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

初めまして。 タクシーに乗っていて信号待ちをしていたところ、後続車に追突されました。 仕事には遅れ、衝撃

解決済みの質問:

初めまして。
タクシーに乗っていて信号待ちをしていたところ、後続車に追突されました。
仕事には遅れ、衝撃でムチウチのような症状がでているのですが、
この場合どこに何を請求できるのでしょうか。
私はタクシー会社の連絡先しか知りません。(タクシー会社は知っているようです)
タクシー会社は、相手と連絡がとれなくて困っている。
タクシー会社としてはお金を払うことはできないと言っています。
・どちらに請求できるのか
・何を請求できるのか
・請求するには何が必要か
・行政書士、弁護士に依頼したほうがよいのか、自分でできるのか
をご回答よろしくお願いします。
他にもアドバイスがありましたらどうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
止まっていたタクシーに後続車が追突したとすると、タクシーに過失は無く賠償義務もないことになります。
この場合、請求先は追突した加害者側になります。
病院には行かれましたか?
行かないとケガの補償を受けることはできません。
事故が警察に届けられているのであれば、警察に行って事故証明書を貰うと良いと思います。
事故証明書には加害者の情報が載っています。
加害者の車の自賠責保険の情報ものっていますので、治療終了後に被害者請求することで自賠責基準の補償を受けることは可能です。
自賠責基準の賠償を得るのであれば、自分でできます。
裁判基準の賠償を得たいと思うのであれば、弁護士に依頼すべきと思います。
治療が終わるまでは最終的な請求すべき賠償額もはっきりしません。
ケガをされたのであればとりあえずは通院する。
費用を抑えるために健康保険を使った方が良いと思います。
事故証明を入手して加害者の自賠責保険会社に対して保険金請求のために資料を送ってもらうことをしたらよいと思います。
ケガ以外の物的な損害については自賠責の補償対象外ですので、追突した加害者本人と交渉するしかありません。
sakurabitoをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問