JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

4車線中央分離帯有りの幹線道路速度制限無し(法定60k/h)で 押しボタン式信号が青の場合において、付近に人又は自転

解決済みの質問:

4車線中央分離帯有りの幹線道路速度制限無し(法定60k/h)で 押しボタン式信号が青の場合において、付近に人又は自転車が居た場合、幹線道路の自動車は徐行義務はありますか?
注意義務は(注意して観ていれば脇見運転)ありますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.

横断歩道等について、押しボタン式信号が青の場合とのことですから、

右左折等を予定している場合でなければ、歩行者・自転車側が赤信号ということに

なります。

このような場合に、ついて徐行義務はありません。

運転をしている以上、交差点や横断歩道に限らず、常に注意義務はありますが、

歩行者や自転車が信号無視をする可能性まで予期して運転しなければならない

ような特別な注意義務は基本的にはありません。

もっとも、明らかに運転がふらついている自転車や、酔っぱらった歩行者を発見

できていたような場合には、通常の注意力が期待できないようなことがわかりますから、

これを認識した(または、通常の注意力であれば認識できたであろう)時点から、

相応の注意義務が発生します。

また、子供が何人かグループで歩いているときに、そのうちの一人が信号を無視して

横断歩道に飛び出してきたようなケースでは、他の子供たちも後からついてきて

飛び出してくるようなケースがあります

最初の一人目については予測困難であっても、このようなケースで、つづけて飛び

2人目、3人目が飛び出してくる可能性は、ある程度合理的に予測ができますから、

続けて飛び出してきた子供たちをはねてしまったようなケースでは注意義務違反が

あったとして判断されるケースが多くみられます。

参考:自転車の信号無視まで注意義務なし…逆転無罪(大阪高判:H27.5.19)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150519-OYT1T50074.html

houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

前回の質問箇所に置いて、横断歩道の「赤」信号を無視して横断中の自転車80歳と私のくるまが衝突、自転車80歳は6時間後に死亡。

この場合に於いて私の

刑事責任は?

行政責任は?

質問者: 返答済み 2 年 前.

PS:先質問した事故の信号関係は私のドライブレコ-ダ-で証明しています。

交通事故 についての関連する質問