JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

国道1号線戸塚警察署の近くで ステルスで速度違反 法定速度60kmのところ87kmで交通反則告知書、納付書を受け

解決済みの質問:

国道1号線戸塚警察署の近くで ステルスで速度違反 法定速度60kmのところ78kmで 交通反則告知書、納付書を受けとりました 納得できないので サイン、ぼ印は一切しませんでした。このままにしていたらもんだいありますか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。

回答いたします。

納付書による反則金の納付は,簡単にいえば裁判をせずとも反則金を納付することで今回の件は終わりにするということです。

そのため,反則金の納付をしない場合,流れとしては警察の捜査資料が検察に送られ,検察からの呼び出しなどを経て,検察が起訴するかしないかを決めるということになります。

起訴とは,裁判にかけるということです。

検察からの呼び出しに応じ,そこで自分の言い分を検察官に直接伝えることができますし,反則金の納付書を無視したからと言って,逮捕されることはありません。

その点では安心してください。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
回答はご参考になりましたでしょうか。
このサイトは,プラス評価をしていただくことで,専門家に報酬が支払われる仕組みとなっております。
もしご不明な点がありましたら補足で回答いたしますので,ご返信いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問