JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

朝、迎え酒を飲み、4時間ほど経って運転。コンビニの駐車場で、停車中の車に接触してしまいました。酒気帯びということで0

解決済みの質問:

朝、迎え酒を飲み、4時間ほど経って運転。コンビニの駐車場で、停車中の車に接触してしまいました。酒気帯びということで0.7が検知されました。この場合「迎え酒」というのは、どのように考えられますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。
本人が迎え酒としてアルコールを飲んだとした場合でも、アルコールが検知されてしまえば、酒気帯び運転となってしまいます。
実際に、迎え酒として飲んだと主張していても、事故を起こして逮捕されている事例もあります。
ですから、たとえ迎え酒だとしてもアルコールを飲んで運転したということに変わりはなく、法律的な結果は覆ることはありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

当然の答えだと思います。要するに「迎え酒」というのはアルコールにアルコールを追加するという意味があると思います。私が知りたいのは、取り締まる側が、そういった意味でより強い罰を考えるのではないかということなのですが?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
なるほど、そういうことであれば、取り締まる側が強い罰を与えることはありません。
なぜなら、そういう場合に罰則を強化するという法律がないからです。
酒気帯び運転は、酒気帯び運転で処分されます。それ以上もそれ以下にもなりません。
shihoushoshikunをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問