JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 976
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

初めまして。意見の聴取通知書が来て明日行くことになっています。何か免許取り消しを回避させたいのですが。

解決済みの質問:

初めまして。 意見の聴取通知書が来て明日行くことになっています。 何か免許取り消しを回避させたいのですが。

これまでの経緯として、前歴0でH26、10、10に指定高速度35未満03点この時には3ヶ月でもとに戻ると言われていたのに気の緩みと言うか自分の意志の弱さでH26、11、29に酒気帯1運転13点で16点の

免許取り消しになるのでそこを回避できないかと相談しています。

自分が悪いのですが会社で運転できる人間が自分しかいなく車での営業もあり、まだ会社のも報告ができてない状況です。

せめて免取でわはない方向にもっていけないでしょうか?

意見宜しくお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
意見の聴取の場で一定の反省を示すことで、多くの方が処分の軽減を受けることができます。
しかし、酒気帯びや酒酔い運転に関して言えば、残念ながらこの軽減についてはほぼ
見込めません。
私の直接知っている限りでは、残念ながら軽減された事例がなく、ネット上の未確認情報
(2chなどではなく、それなりの信頼性はありそうな情報)では、軽減された事例がある
という例を、見かけたことがあるレベルです。
従って、まったくありえないとはいわないものの、基本的には軽減はされないと考えて
置かれた方がよいでしょう。
なお、意見の聴取に行かれた場合、その場で処分が執行されることになります。
可能性がゼロではない、という点にかけてみたいということであればぜひ出席を
されるべきですが、逆に処分を受けるタイミングを見計らって調整をしたいという
ことであれば、欠席するのも一つの手です。
意見の聴取に欠席した場合、当面は処分が執行されません。後日、免許取消処分を
行う旨の通知が届くことになりますが、これについても、絶対にこの日に出頭しな
ければならないものではなく、たとえば仕事の都合で来週にしてほしいというように
連絡をすれば、多くの場合対応してもらえます。
まだ、会社に報告ができていないということであれば、まずは会社に報告をし、
ご自身への影響を最小限にできるタイミングを見て、処分を受けに出頭される方が
いいように思います。
但し、処分を受けるのがあとになればなるほど、再度免許を取得できるようになるまで
の期間も先延ばしになります。また、処分を受けるまでの間に再度違反をしてしまうと、
免許取消後、再取得できるまでの期間がさらに伸びてしまうというリスクもあります
ので、この点を踏まえた上での対応が必要になりますのでご注意ください。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問