JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

眠剤を服用後、運転して飲食店の駐車場で当て逃げをして帰宅しました。 翌日警察には届け出をし、被害車両の所有者とも示

解決済みの質問:

眠剤を服用後、運転して飲食店の駐車場で当て逃げをして帰宅しました。
翌日警察には届け出をし、被害車両の所有者とも示談は成立しています。
後日、警察署にて事情聴取を受け、公安委員会、検察庁からの連絡待ちです。
今後、どのような処理、処罰を受けるのか教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。

物損事故で,被害者とも示談が成立しているということですね。

まず,質問者様が犯した罪は当て逃げであり,道路交通法117条の5第1号に罰則が規定されています。

第百十七条の五  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
一  第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項前段の規定に違反した者

ここにあるように,当て逃げは1年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。

予想される処罰ですが,質問者様は示談が成立していることから,起訴猶予(裁判にかけられないこと)又は略式命令での罰金刑(裁判をすることなく罰金刑となること)かどちらかだと考えます。
罰金の場合,最高は10万円です。

今後の手続きの流れとしては,検察庁から処分が決まったという連絡が来るので,その連絡を待つことになります。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

t-lawyerをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問