JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2908
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

「交差点にて横断歩道の歩行者がいるのに通行した」と切符をきられました。 状況は 片側2車線の交差点 私は左折車です

解決済みの質問:

「交差点にて横断歩道の歩行者がいるのに通行した」と切符をきられました。
状況は 片側2車線の交差点 私は左折車です前方から母親と3歳位の自転車に乗った子供が横断歩道を渡ってきました、中央分離帯付近まで来てたと思います。が子供が止まっていたのを母親が振り返って「早く来なさい」とでも言っているようでした。この時点で私の車と母親の距離は大体7~8m位でしょうか、途中で立ち止まってるので私はそのまま左折しました。どう考えても歩行者を妨げたとは思えません。警察官にもそこのところをしつこく言ったのですが、「歩行者が横断歩道に入ったら車はいかなる理由があっても止まらなければならない」の一点張り。子供が途中で止まってても待たなければならないのでしょうか。私は普段から交通ルールは守ってると思うので納得がいきません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご質問ありがとうございます。

行政書士です。

よろしくお願い致します。

横断歩行者等妨害等違反という事ですね?

道路交通法38条で「横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。」とありますので、残念ながら警察官の主張は正当と考えられます。

道路交通法第38条
1 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

ただ、状況がわからないので、もしご相談者様が件の警察官の取締が違法と確信されているのであれば、
反則金を納めず、略式裁判も拒否して正式裁判を要求して争えばよろしいでしょう。
山形県の検察がどのような基準で処理するかは存じ上げないのですが、
青切符違反でしたら不起訴になる可能性が高いと思われますので、
反則金は支払う必要がなくなる可能性があります。
ただ、刑事処分で不起訴となったとしても、違反点数については救済されません。
ご相談のケースにあたって現法制下では残念ながら救済措置はありません。

そのあたりも考慮されてどうされるかご検討されるとよろしいでしょう。

dueprocessをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問