JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2182
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

物損事故の過失割合に納得が出来かねています。ご教授願います。 当方、都道を東から西へ走行、信号機のある交差点に差し

解決済みの質問:

物損事故の過失割合に納得が出来かねています。ご教授願います。
当方、都道を東から西へ走行、信号機のある交差点に差し掛かり交差点先の隣接店舗に入るので左折のウィンカーを出し、
青信号で40kmから30km減速し交差点に入りました。
交差点は丁字路で左からの側道(一時停止標識あり)があり軽貨物車両が止まっていました。
当方の信号は青、赤が定期的に変わる車輛専用の信号で規制されています。
相手方は歩行者信号で規制されておりません。
交差点通過中に突然、相手車輛の飛び出しがあり、当方の側面中央部に追突がありました。
相手いわく、「こちらの道に入ってくると思った」ということで左折時には右側を全く見ておりませんでした。
ドライブレコーダーにも記録があり、相手方の顔は見て取れます。
相手保険会社よりはタイムズ38の273Pの141を適用し15(当方):85を主張されています。その後10:90に変更がありました。
当方の過失は優先道路でないこと、見通しのきかない交差点に入る時の徐行していない過失を指摘しています。
当方の疑問になっているのは車専用の信号機で規制され、青の場合は徐行義務が発生するのかということと
法令による優先道路の定義だと優先道路の標識がある場合、センターラインが交差点内を貫通していることとあります。
最初の前方優先道路標識は平成20年6月30日警視庁交通局長より各都道府県警察の長へ発行された「道路標識、・・・
一部改正制定及び施行」で前方優先道路・一時停止の廃止について一時停止の交通規制が行われている交差点においては
交差道路を通行する車輛を優先させることが求められるから前方優先道路の補助標識を敢えて示す必要がない。
今後は廃止し、一時停止によって行うとあります。
また、交差点のセンターライン貫通も信号機のある横断歩道のある交差点内には全く貫通は国道でも見られていません。
法令にある優先道路の定義が実態と乖離していると思います。
前述した通り、相手保険会社は徐行の過失を挙げ、基本過失を15:85から10:90で主張されています。
当方の考えは相手保険会社がタイムズ141を当てはめているが信号機の規制があるので141を基本で良いのか?
また、修正要素として相手の前方不注視の+10をを指摘し、5:95若しくは0:95で過失割合を考えていますが如何でしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.

ご指名及びご質問ありがとうございます。

よろしくお願い致します。

ご相談者様がご指摘されているとおり、青信号及び優先道路を通行中の場合は、徐行義務はありません。

根拠は道路交通法42条1項です。
「左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき(当該交差点において交通整理が行なわれている場合及び優先道路を通行している場合を除く。)。」
信号機が設置されている=交通整理が行われている場合と考えられますから、
徐行義務が免除されていると考えてよろしいでしょう。

保険会社の主張は根拠を欠くものですので、ご相談者様の主張は何ら問題ないと考えます。

こちらとしましても、特に申し上げる問題点はございません。

一度上記も踏まえて頂いて、交渉して頂くとよろしいかと思います。
主張は通ると考えます。

回答不十分でしたら、評価せずに返信にてご質問ください。

ご参考頂けましたら、評価頂ければ幸いです。

以上よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。

信号機が設置されている=交通整理が行われている場合と考えられますから、徐行義務が免除されていると考えてよろしいでしょう。

→当方のみ車専用信号機で規制あり、相手は歩行者用で信号機規制なしです。

①以下の解釈もありますがありますが問題はないでしょうか?

「交通整理の行われていない交差点」とはどの様な交差点をいうのでしょうか。
 「交通整理」とは,信号機の表示する信号又は警察官の手信号等により,一定の時間は一方の道路を自由に通行させて,その間他の交通を停止することを交互に反復する措置をいう。と解されています(東京高判昭和46.12.22刑月3巻12号1604頁)。
 したがって,交差点の一方に一時停止の規制が施されていても,「一定の時間,他の交通を停止していませんから」,その交差点は「交通整理の行われていない交差点」ということになります。
 また、交差点に信号機が設置されていたとしても,その信号機が黄色や赤色の点滅信号である場合には,その交差点は「交通整理の行われていない交差点」(道路交通法36条)ということになります(最高裁決定昭和

44.5.22刑集23巻6号918頁)。

②それから交差点で信号機があり、横断歩道もある場合はセンターライン貫通されていないのですがそれでも優先道路でしょうか?

その都道は交差点前後で側道がありますが信号機はない場合はセンターラインが必ず貫通しています。

③また、過失割合はタイムズ141が基本で妥当でしょうか?

修正要素があれば何:何でしょうか?

①・②・③について宜しくお願いします

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信遅くなり失礼致しました。

今出先の為、手元の資料だけでご回答できない状況です。

お急ぎでなければ調査して一両日中には回答致しますが、
もしお急ぎでしたら、おっしゃってください。

オプトアウトして、その他の専門家にお任せしたいと思います。

以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご連絡ありがとうございました。

急ぎではありません。

宜しくお願いいたします。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご理解頂きありがとうございます。

とはいえ、ご相談者様におかれましては気にならる事と思いますので、
現状条文または文理解釈で判断できる①②について回答致します。

①について
ご相談のケースですと、車道専用信号+歩行者信号で人と車の交通(人・乗り物などが行き来すること。通行)について、「一定の時間は一方の道路を自由に通行させて,その間他の交通を停止することを交互に反復する措置」を取っていると考えられます。

②について道路交通法36条2項で言うところの優先道路ではないと考えます。
1.道路標識等により優先道路として指定されているもの
2.当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。
のいずれにも当てはまらないのではないでしょうか。

③については後ほど回答致します。

以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

①について「」一定の時間・・・反復する措置」をとっているので交通整理の

行われている交差点であるから徐行義務は発生しないという解釈で宜しいでしょうか?

②は優先道路標識はありません。平成20年の警視庁の通達で東京でも見受けられないと思います。信号機と横断歩道がある交差点には中央線はありません。全国の交差点でもないと思います。この点は道交法36条2項の優先道路の規定に現在、矛盾があると思います。

相手保険会社より徐行義務ありの過失が指摘されていますが①交通整理の行われている交差点である、若しくは優先道路であれば徐行義務がなく

過失は修正できるかと思っています。

以上ご見解をお願いします。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
下記回答が漏れていました。
回答前後致しますがご容赦ください。

②について
最初の前方優先道路標識は平成20年6月30日警視庁交通局長より各都道府県警察の長へ発行された「道路標識、・・・
一部改正制定及び施行」で前方優先道路・一時停止の廃止について一時停止の交通規制が行われている交差点においては
交差道路を通行する車輛を優先させることが求められるから前方優先道路の補助標識を敢えて示す必要がない。
今後は廃止し、一時停止によって行うとあります。

この主張は有用であると考えます。

詳細な道路の状況を把握していないので断定はできませんが、
①で徐行義務違反、②で優先道路でない。という先方の主張を崩し得るであろうと考えます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご連絡ありがとうございました。

交差点の詳細、画像は justanswer へメール送付いたしますので

ご確認をお願いします。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
お待たせいたしました。
メールが届いていないのですが、一応回答致します。
また回答前後いたしますが…
>①について「一定の時間・・・反復する措置」をとっているので交通整理の
行われている交差点であるから徐行義務は発生しないという解釈で宜しいでしょうか?
はい、その解釈でよろしいでしょう。
③については厳密にやろうとすると難しそうですね。
正直悩ましいです。
あとあと保険会社としては142類似と考えたのだとも思われますね。
であれば、ご相談者の車両中央部あたりに衝突していますから、
相手側の著しい過失で-10として
10:90を0:90にするあたりが最低ラインかと思います。
ただし、ご相談者様の交渉次第とも言えますので、
当初の見立てどおりこちらの保険負担がない0:95を目指せばよろしいと考えます。
個人的にはご相談者様の調査ぶりを拝見して行けるのではないと思っております。
いかがでしょうか?
dueprocessをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になります。

12/24に返答をしましたが反映されておりませんので再送致します。

①「詳細な道路の状況を把握していないので断定はできませんが」

とありましたので別途メールを送信しました。(ユーザーサポートyokoyama

でございます。いただいた資料は専門家へ転送させていただきました。)
交差点の詳細をご賢察頂き、見解をお願い致します。

②「車両中央部あたりに衝突していますから、相手側の著しい過失で-10」

は相手保険会社より時速20~30kmでは7~9m進むので中央部の衝突は

著しい過失に当たらないとも言われています。当方としては前方不注視を

指摘したいと思っていますが如何でしょうか?

③ご指導頂きました内容で相手保険会社と交渉を行ってみます。

過失割合で調整が進まない場合は損害事故紛争相談センターの活用を

考えています。

いろいろとありがとうございました。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
資料頂きありがとうございます。
①②に対する見解は変わりません。
どう考えても交通整理されていますし、優先道路であると考えられますね。
>著しい過失に当たらないとも言われています。当方としては前方不注視を指摘したいと思っていますが如何でしょうか?
よろしいかと思います。
状況的に「認知判断操作」いずれも不適切と考えられます。
道交法70条安全運転義務違反(前方不注意)にあたるでしょう。
>過失割合で調整が進まない場合は損害事故紛争相談センターの活用を考えています。
それがよろしいかと思います。
ご相談者様でしたら、きっとうまくやり遂げることでしょう。
ご自身の信念を曲げず頑張ってくださいね。
こちらこそありがとうございました。

交通事故 についての関連する質問