JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 957
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

過失割合 住宅街のT字路で、私が直進で相手が右折での事故です。お互いに止まれの標識はなく、私の方が道幅が少し広

質問者の質問

過失割合
住宅街のT字路で、私が直進で相手が右折での事故です。お互いに止まれの標識はなく、私の方が道幅が少し広く、相手の車が私の左前のタイヤにめり込む形で接触しました。私が無保険だったので、相手の保険会社と直接やりとりをしてるのですが、言い分が
・相手も自分に過失があると思っていない。
・お互いに自分の車を修理する
これで示談しましょうと言われました。この事故の場合、示談の内容は適正ですか?無保険なのでなめられている気がします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
信号も、一時停止もないT字路での交通事故ということですね。
この場合ですと、直進側:右折側=3:7の過失というのが基本的な過失割合に
なります。つまり、こちらの修理代については7割を相手方から受領し、相手の
修理代については3割をこちらが支払うということになります。
過失割合だけをみるとこちらの方が低いため、不利な示談のようにみえますが、一概に
そうともいいきれません。相手の車の方が破損の程度が大きかったり、高級車で修理代
そのものが高くつくような場合には、こちらの負担のほうが大きくなることも考えられる
からです。
仮にこちらの修理代が20万円で相手の修理代が50万円だった場合、相手方への請求額は
14万円、こちらが支払う金額は15万円ですから、差し引き1万円の支払いが発生する
ことになります。

交通事故 についての関連する質問