JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

事故の過失割合と今後の交渉の進め方について質問させていただきたいと思います。 片側2車線の一般道路でこちらは右

質問者の質問

事故の過失割合と今後の交渉の進め方について質問させていただきたいと思います。
片側2車線の一般道路でこちらは右側を走行していた際、左側車線から突然出てきた車に接触されました。
当時の状況を詳しく説明すると、左側車線は約100m先の信号が赤のため渋滞により停車中、こちらが走行していた右側車線は信号待ちの最後尾の車がもう少し前方だった為、ブレーキを踏みながらゆっくり走行中でした。
その際、加害車両が左側車線からウィンカーを出さず突然車線変更をしてきた為、こちらは急ブレーキを踏みながら右にハンドルを切り中央分離帯のガードレールに車を擦り付け停車、後方確認を全くしていない加害車両はそのまま車線変更を行い、こちらの車両の左側のウィンカーを吹き飛ばし、左前のガラスを割り、左側前方のボディも一部めくれ上がりました。
当初、加害者の主張について、「後方確認を行い速やかに車線変更後、30m程走行した後、後ろから追突された為、自分の責任はゼロ」という内容を相手方の保険会社より連絡を受けました。
私は事故の当時の現場の写真もあるし、車両のギズの場所を見てもこちらが後方から追突はあり得ない(実際、相手車両の後部は全く無傷で、傷は右後方側面)、こちらの車両のギズも後ろから前に向かってめくれているという事と、こちらの責任はゼロなので、それを飲めないようなら訴訟します、とハッキリ伝えました。
相手はこちらの訴訟という言葉に反応して、顧問弁護士(相手は法人です)をたてて、50:50の過失責任でどうでしょうと、言ってきました。
私は話にならない、あくまでこちらの過失はゼロです、と突っぱねました。
その後改めて相手方の保険会社より連絡があり、そちらの歩み寄っていただけるラインはどこか?と聞いてきました。
こちらはあくまでゼロ責任ですと言うと、それは事故状況からして無理です、そちらが完全に停車した状況でこちらが接触したことや、ウィンカーを出さずに車線変更したことを証明できますか?と言ってきました。
ドラレコ等は搭載していない為、物的証拠は当然ありません。
また、仮に相手がこちらの主張を100%認めたとしても、保険会社として100%は支払えないと言っています。
ここからが質問内容なのですが、このようなケースで保険会社が100:0を認めて払うことはないのでしょうか?
またこちらが折れるとしたら、過失割合をどの様に考えて妥協すれば宜しいでしょうか?
それとも、こちらはゼロ責任を貫き、訴訟まで視野に入れた方が良いでしょうか?
アドバイスをいただけたら幸いです。
宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
Customer:

>このようなケースで保険会社が100:0を認めて払うことはないのでしょうか? またこちらが折れるとしたら、過失割合をどの様に考えて妥協すれば宜しいでしょうか? それとも、こちらはゼロ責任を貫き、訴訟まで視野に入れた方が良いでしょうか?

Customer:

ないです。歩み寄りとして、30:70、20:80でやって見る方法がひとつ。訴訟でなくてもADR(裁判外紛争処理制度)交通事故紛センというのがあり、過失割合の再評価・異議申し立てもしてくれます。>そちらが完全に停車した状況でこちらが接触したことや、ウィンカーを出さずに車線変更したことを証明できますか?と言ってきました。→立証責任もわからないもののいうことです

Customer:

相手にする必要なし。

交通事故 についての関連する質問