JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 988
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

自転車と人がぶつかったら100%人に過失があるとみなされるのでしょうか。

質問者の質問

自転車と人がぶつかったら100%人に過失があるとみなされるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
そんなことはありません。
事故の際の状況に応じて、適切な過失の程度を判断することに
なります。
これは自動車と歩行者であっても同じことで、たとえば歩行者が急に
道路に飛び出してきたため、これを回避するためにハンドルを切ったところ、
ガードレールに激突しました、というような事故であれば、歩行者には
被害は発生していませんが、これを回避した自転車や自動車が破損したり、
運転者がけがをするなどの被害が出ることが想定されます。
運転者はちゃんと前を見ていて、適切にブレーキをかけたか、
速度は出しすぎていなかったのかなどの要素も考慮したうえで、歩行者に
対して賠償を請求することになります。
なお、自転車が歩道を走行できる場合がありますが、本来歩道は歩行者の為の
ものであって、歩行者は安心して歩けるはずの場所です。逆に言えば、
自転車は本来歩行者の安心して通行できるはずの場所を通らせてもらっている
という関係になるため、自転車には通常以上に慎重な運転が求められます。
このため、歩行者に少々の不注意があったとしても軽微なものであるとして、
自転車側の責任が10割・9割というように、通常よりも厳しい判断がされる
ことになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

自転車と

歩行者の事故の場合、

原則

自転車が責任を追うと聞きました。

例外はありますか。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.

「歩行者の事故の場合、原則自転車が責任を追うと聞きました。」

このような原則はありません。

ただし、歩道での事故に限定してという話であれば、前述もしましたように、

自転車側に強い注意義務がありますので、概ねそれに近い状況にはなります。

典型的な事例としては、例えば

信号のある交差点で、自転車が赤、歩行者が青であれば、過失割合は10:0ですが、

自転車が青、歩行者が赤であれば、過失割合は2:8となります。

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
その他疑問点がございますでしょうか?

交通事故 についての関連する質問