JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

今日、国道でスピード違反で止められました。 30キロ以上オーバーでした。 60キロのところ・・90キロすこしまわ

解決済みの質問:

今日、国道でスピード違反で止められました。
30キロ以上オーバーでした。
60キロのところ・・90キロすこしまわっていました。
1か月の免停になるといわれ、裁判所からの連絡がきたら、簡易裁判あとに反則金の金額が決まる。と言われました・・。
金額的なことも心配ですし、1か月もの免停も、とても困ります・・

どうにかならないものでしょうか・・。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
30日の免許停止処分というのは、運転免許の行政処分の
中では、一番軽いものにあたります。
90日以上の免許停止処分の場合には、処分を行う前に必ず
意見の聴取が行われることになっており、事情に応じて
軽減される場合もありますが、90日未満の違反については
この制度は適用されません。

従いまして、行政処分そのものを回避することは基本的に
出来ないと考えられます。
但し、お聞きになられたこともあるかと思いますが、
免許停止を短縮できる講習があり、30日の停止処分の方に
ついては、この講習を受講することで処分日数が最高29日
短縮され、運転ができないのは講習を受講した当日のみと
なる方がほとんどです。
従って、平日に1日、講習のためにつぶされてしまうのが
難点ではありますが、1ヶ月間運転できないということに
関しては回避可能でしょう。
実際に短縮される日数については、講習の成績できまる
ことになっていますが、実際にはほとんどの方が29日短縮
の対象となっています。

なお、速度違反の罰金(反則金ではありません)については、
「6月以下の懲役又は10万円以下の罰金」と定められている
のですが、違反の内容からしまして、おそらく5~6万円程度
の罰金刑が見込まれます。
どうしてもこの罰金の支払いが厳しいようであれば、判決後、
検察の方とご相談されれば、支払いについての相談には
ある程度応じてもらえます。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問