JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

大雪の日、接触事故を起こしました。 下り坂で前には乗用車、その車が交差点で右折しようと止まり、自分の 車はブレーキ

解決済みの質問:

大雪の日、接触事故を起こしました。
下り坂で前には乗用車、その車が交差点で右折しようと止まり、自分の 車はブレーキをかけたが滑りだし(時速15~25キロ)前の車とぶつかりそうになったので右側に閉店しているガソリンスタンドに入ろうとした瞬間、左側面、後ろタイヤ中心部に激突!当方軽トラック
相手側は、登り坂の交差点でスリップを恐れ勢いを着けて直進と発言、そして自分の軽トラック左側面に相手側乗用車、左ライト部分に激突。この事故に付いての割合はどのようなものですか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。

基本的に右折車と直進車では右折車に注意義務の割合が高いです。

さらに直進車の直前で右折したとなると、それだけ過失が大きくなってしまいます。

しかし、相手にも全く責任がないわけではありません。雪の日であれば徐行して運転する必要があるので、勢いをつけていたとなると相手にも少し過失はあるわけです。

具体的に過失割合を算定したいとなると、裁判をする必要がありますが、過去の裁判例を参考にしても、質問者様の過失が9割、相手の過失が1割、という数字になると考えられます。この割合から大きく外れることはないでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問