JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 126
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

32歳、無職、主婦業の女性です。 母と2人で暮らしています。 平成23年4月29日歩行者(自分)対乗用車

質問者の質問

32歳、無職、主婦業の女性です。

母と2人で暮らしています。

平成23年4月29日歩行者(自分)対乗用車(相手)の交通事故に遭いました。過失割合は2:8です。
整形外科に通院し、後遺 障害14級が認定され、保険会社から最終的な示談金の交渉を受けています。

鬱、パニック障害、対人恐怖症などの精神障害(精神障がい者2級)があるため、怪我の治療中に家政婦は毎日同じ人が来ない、家に知らない人が居ることに対する恐怖などから同級生の友人に頼んで家事のアルバイトをしてもらいました。

平成23年5月9日から11月30日までの期間です。 

業務内容は炊事、洗濯、掃除、買い物、犬の世話、など家事労働といわれるもの全てです。

日数は152日です。お金がなかったので先輩に事情を説明し60万円借り友人に賃金として支払いました。

保険会社にこのお金を請求してもいいのでしょうか?
日誌もありますし、領収書もあります。
友人に借りた60万円は通帳に記帳されていますのでお金の出どころも明確です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故

交通事故 についての関連する質問