JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

教えて頂きたい事が在ります。先日、会社の社用車で追突されました。車のリアバンパーです。車自体は大きな修理を必要としな

質問者の質問

教えて頂きたい事が在ります。先日、会社の社用車で追突されました。車のリアバンパーです。車自体は大きな修理を必要としない程度でしたが衝撃は強く、首と腰を痛めました。警察を呼び、会社に報告して近くの病院に行きました。診断は2週間と診断され首と腰のけん引を医師から進められ病院に通院するようになりました。2週間が過ぎ診察をして頂き首と腰のけん引をしばらくして下さいと言われ通院をしていました。5月23日事故に合い8月20日頃会社の常務に呼ばれ、いつまで示談を伸ばすつもりだ!早く示談して首・腰が痛かったら健康保険の利用して通院しろ!と言われ相手の保険 の担当に連絡して8月末には示談します。と伝えました。相手の保険の担当もビックリした様子で、「急にどうかしました?」と言われ訳を説明して直ぐに示談の手続きをしました。車の傷は大した事が無い事を自動車整備工場の専務さんから、私の会社の常務に連絡が言って示談した状況です。車の修理にしても、現在も修理していないのもかかわらず6月24日には車の示談が成立しているらしく修理代も工場に支払済と聞きました。会社の車ではありますが当事者の私が知らないで示談しているのも変と思います。整備工場は私の会社のグループの一つです。車検やオイル交換、修理は全部工場で実施しています。もちろんグループ会社ですから工場の専務と今私が勤めている会社の常務は仲が良い事も承知しています。私も雇われの会社員です今年50歳ですが会社の今回の対応には非常に怒りを感じています。どうしたらいいてすか?良き意見を聞かせて下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 病院の診断書を会社(常務)に提出して、詐病、羊病ではないことを証明してください。ただ今回の言動が直ちにパワハラに当たるとはまだ断言できません。

 

 事態の推移を見守る必要があります。専務の動き方いかんではパワハラに当たる可能性も出てくるでしょう。

 

 ICレコーダ等で会話を録音しておいてください。

 

 業務災害または通勤災害のようですが、労災(療養補償給付、休業補償給付)の請求はどうなっていますか?

 

 なお今回の示談は、専務の強迫によってなされたものである可能性が高いので、事後に取り消しが可能です。

 

 ※民事法務の専門家たる行政書士(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)および雇用・労働の専門家たる社労士(社労士法第2条1項3号 相談・指導)としての回答です。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

交通事故 についての関連する質問