JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

7月29日に交通事故にあいました。 私は右折する為に右折レーンを走行中にコンビニから直進レーンの車と車の間より右折

解決済みの質問:

7月29日に交通事故にあいました。
私は右折する為に右折レーンを走行中にコンビニから直進レーンの車と車の間より右折レーンへUターンする為に突入して、私は車と車の死角になり見えず気づいた時に急ブレーキを踏みましたが、間に合わず私の車の左前の角と相手の右前角に衝突しました。
私はむち打ちになり通院中
相手は無傷です。
今、過失割合で折り合 いがつかず困ってます。
私は10対90を主張しましたが、相手の方が認めず、私側の保険会社が半歩譲り15対85ではと言う案を提示され、時間をかけたくなかったので、私は折れてそれに応じましたが、相手の方が認めず困ってます。
相手側の保険会社も15対85でと本人を説得してるらしいのですが、認めず困ってます。
私は本当は15対85でも納得できないのに、それでも応じない加害者に対し許せません。
こちらは、痛い思いまでしてるのに、なぜこんなに酷い思いをしなければならないのか、本気で許せません。
もう、長くかかっても良いから私が納得できる判断をする為に裁判するしかないのでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

そうですね、その過失割合が実際に妥当なのに加害者が納得していないという理由だけで延されているのでしたら、解決方法は裁判しかないと思います。

今は示談を目指しているわけですよね。
示談というのは、お互いに合意でまとめるということです。
しかし、合意しないのですから、誰かに決めてもらうしかない。

そこで、裁判となるわけです。裁判官に決めてもらおうという解決です。

加害者がこのまま合意しないのに、説得を続けても時間の無駄です。
事故が7月末ということなので、考えが変わりうる時期なのだとは考えられますが、
割り切って裁判に踏み切るのも手です。

また、早く示談しないと自動車運転過失傷害罪で刑事告訴するぞ、という警告もありですね。

とにかく、どうしても結論を出したいというのであれば、裁判しかありません。
jo-banをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問