JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 126
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

はじめまして。 7/5の夜に、横断歩道を歩行中の歩行者を、前方不注意ではねてしまい、 その場で「自動車運転過

質問者の質問

はじめまして。

7/5の夜に、横断歩道を歩行中の歩行者を、前方不注意ではねてしまい、
その場で「自動車運転過失傷害」で 逮捕されました。
その時点から拘留が始まり、取調べを経て、本日、地検での判断にて、
「再拘留はなし」ということで釈放されました。
現在自宅に戻って、在宅ということになるのですが、

①この後、捜査の進展如何では、「再拘留」もありえるのでしょうか?

②また、捜査の進展如何では、弁護士先生の擁立をお願いしたほうが良い場合があるのでしょうか?
例えば、相手方が告訴などをした場合(示談が成立しない場合)、不起訴等を勝ち取るためにも、
弁護士先生がいらっしゃったほうが有利なのでしょうか?

③きちんと任意保険の「対人無制限」に入っているのですが、
示談交渉も、保険会社ではなく、弁護士先生にお願いしたほうが良いのでしょうか?  

④自動車運転過失傷害の場合、点数の制度はどうなっているのでしょうか?

状況は、

※被害者の方は、死亡はなく、大怪我ではあるものの、徐々に回復に向かっているとの事です。
しかし、相手の方の素性は、警察、検察ともに、今の段階では教えてもらえません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故

交通事故 についての関連する質問