JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 935
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お世話になります。沖縄県石垣島在住・自営業の大浜と申します。2013年2月25日に過失割合1(当方・原付):

質問者の質問

お世話になります。 沖縄県石垣島在住・自 営業の大浜と申します。 2013年2月25日に過失割合1(当方・原付):9(相手方・車) を起こしまして、当方が背中の骨を骨折する全治1ヶ月の怪我をおいまして、 なかなか良くならず、現在通院痛み止めを飲んでの自宅療養中です。 そこで、困っているのが、自営業でインターネットカフェを経営しておりまして、 現在もそうですが、痛くて仕事にならないので、臨時でアルバイトを雇って、 サポートしてもらってなんとか乗り切っておりますが、 先方からの営業保証額が通院1回5300円と連絡がありました。(今まで5回通院※痛み止め処方で安静との指示の為、そんなに通えません。) その額では、臨時アルバイトさんの人件費の5分の1にもならず困っております。臨時アルバイトさんの給料日(今月20日)も近づいており、そこまで儲かってもいないので、焦っております。 これはしょうがない事なのでしょうか? 教えて下さい。よろしくお願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
怪我はしたが仕事ができる程度で、通院のために欠勤する程度であれば、
通院回数が算出の基礎になりますが、仕事ができない状態なのであれば、
休業期間に対して計算されるべきものになります。

今回のように自営業の方で、休業をしないために代わりの方を臨時に雇用
されたのであれば、不当に高額なアルバイト代を支払っていたり、逆に仕事
できる程度に回復しているにもかかわらず、過剰なアルバイト代が発生して
いるようなケースでなければ、臨時アルバイトを雇用するために要した費用を
請求することが可能です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございます。
どのように請求すればよいでしょう?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

請求時期としては、損害が確定してからになります。

ご質問者様の体調が回復し、勤務可能な状態になった時点で、

それまでの期間に要した給与その他の付随費用(求人広告の費用等)、

ご質問者様が勤務不能であった旨の診断書等をまとめて請求することになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答のように請求した所、通院(現在5回)×5300円しか支払えないとの返答だったのです。給与は1日(勤務8時間×655円)5240円×35日(2月25日~4月5日時点)183,400円発生しています。機能不能であった診断書があれば、この金額を請求して断られる理由はないのですか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
保険会社の担当者は、支払額を少しでも減らすのが仕事ですから、
そのような主張をしてきているのでしょう。
平たく言えば値切られているに過ぎず、本来請求が認められる
べきものです。

ひとつ考えられるところとしては、現在進行形の出来事であるという
点が、担当者としても回答がしにくい原因の一つかと思います。
現在は、本当にやむを得ず雇用されているのだと思いますが、
これが、自腹であれば、体調が回復しだい、アルバイトもやめて
もらって、収入を増やそうとするでしょうが、他人から費用が出ると
なると、ここの部分のコスト感覚が(ご質問者様がどう、ということではなく、
一般論として)緩みがちです。すでに働けるぐらい回復したけど、まぁ、アル
バイト代は出してもらえるんだし、あと一週間ぐらい休もうか、ということに
なってしまったりします。
アルバイト代が出してもらえるかどうかわからないという危機感があれば、
この代替人件費について、本当に必要な範囲でと、コスト意識が働きます
よね。このような狙いもあるものと考えます。


houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

この場合、仮渡金制度は利用できますか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
仮渡金制度の利用は可能です。
この場合、11日以上の治療を要する場合に5万円を受け取ることが可能 なお他、
傷害内容に応じて40万円を受け取ることが可能な場合があります。

http://insurance.yahoo.co.jp/auto/info/compulsory/accident_03.html

事実上の対応としては、任意保険会社が仮渡金の範囲内で支払ってくれる場合も
多いですが、法律上の権利という意味では、あくまでも自賠責保険の会社に対して
行う手続きなりますので、この点混同されないようにご注意ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。
非常に勉強になりました。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
御参考になりましたら幸いです。

交通事故 についての関連する質問