JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 955
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

友人に相談を受けましたが、話を聞いて納得いかないので、ご相談させてください。先週のことです。高校生の息子さんが一般車

解決済みの質問:

友人に相談を受けましたが、話を聞いて納得いかないので、ご相談させてください。先週のことです。高校生の息子さんが一般車道左側白線内を自転車で走行中、前方走行中の車両がゆるやかなカーブでブレーキをかけ、後ろの自転車が車両に追突しました。(車両は止まっていません)事故の報告を受け動揺した友人は、息子さんが勝手に突っ込んできたと主張する車両運転手の言葉を鵜呑みにし、傷の入った個所を治すことになったようです。
でも、おかしいですよね??お互い走行中なのになぜ、自転車だけが悪いのでしょうか?たしかに前方不注意の自転車も悪いですが、急 にブレーキをかけた車両には全く責任はないのでしょうか?後部窓に乗り上げ、自転車は破損、まず車両運転手が事故後高校生に対し、救急車を呼ぶなどの対応はしなくてはいけないのではないでしょうか?「大丈夫か?」の一言もなかったようです。過失責任は10:0ではないと思います。なのに数センチの傷で12万円の請求・・・車両には自動車保険がかけられているのでは?人身事故にあたいしませんか?警察も来たようですが、事故証明が必要なら取りに来て、とだけ言ったようです。息子さんは顔面を車の窓にぶつけ打っているようです「窓に顔面の跡がついていた」と運転者が言ったようです。車両には自動車保険がありますが、自転車には保険がありませんでした。相談する保険の会社もいません。
友人は12万円払う準備していますが納得いかないと思案中です。どうするのが一番いいのかご教示ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.

1.先行する車両は、急ブレーキを極力避けるようにする義務がある一方、

 後続車両には、急ブレーキがあったとしても対応できるだけの車間距離を

 開ける義務があります。

 具体的な事故の状況、位置関係、なぜ急ブレーキをかけたのかなどの理由を

 総合的に判断して双方の過失を検討する必要があるでしょう。

 

2.自動車が保険に入っているかどうか、ということは、こちらからの賠償額には

 全く影響しません。仮に責任が5:5だったとすれば、一旦保険会社が全額を

 立替えしますが、保険会社が負担する修理代は運転者が負担するはずだった

 5割であり、残り5割は結局自転車の運転者に請求が来ることになります。

 車両保険には免責金額が設定されていることが多いですし、自動車保険を使用

 すると、翌年以降の保険料が高くなってしまいますので、12万円全額を自分で

 負担するケースだったとしても保険使用をためらう金額です。

 

3.人身事故というのは、衝突等により誰かが怪我をした事故のことをいいます。

 運転者のどちらかが、又は周囲で巻き込まれた方などが、怪我をしていた場合、

 医師の診断書を持って警察に行けば人身事故として処理されることになります。

 通常は、数日通院する程度の怪我以上の場合に人身事故として届け出るのが

 一般的ですが、擦り傷等の軽傷であっても、人身事故として手続きをすることは

 可能です。

 

以上の通り、一定の支払い義務はあるものと思われますが、全額を負担しなければ

ならない可能性は低いでしょう。金額的に考えて弁護士等を依頼しますと、かえって

高くついてしまいますから、ご自身で全額の負担はできない旨をきちんと告げて、

金額交渉の席について貰う必要があるでしょう。

 

 

houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問