JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 935
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

メールにて失礼いたします。 本年1/11に父(81歳)が運転する車に母(82歳)が同乗し走行中、十字路で左側から衝

質問者の質問

メールにて失礼いたします。
本年1/11に父(81歳)が運転する車に母(82歳)が同乗し走行中、十字路で左側から衝突され車は大破。母 が骨盤の多発性骨折、肋骨骨折で全治6週間と診断され入院中。父は打撲で通院治療ということになりました。
衝突してきた車の走行道路が優先道路となっており、父の車はいったん停止したものの、無理やり横断という形となり、当方の過失割合が7:3というコメントを保険会社からありました。(警察の事故証明等は未だ発行されておりません)
当方の保険会社はマイカー共済、相手方は東京海上火災です。
当方の保険担当者から、「先方の保険会社側は一切治療費を出さないということです。当方の保険も、人身傷害特約が付けられていないためお母様の治療費は全額出ませんが、搭乗者傷害特約で同乗者に7500円・200日がお支払いいたします」というコメントでした。自己負担の場合、入院費用40,000円/日という話も聞きました。
私と両親は別居しており、扶養家族にはなっていません。
両親ともに現在、後期高齢者の医療機関にかかるときの負担割合が1割となっております。
できうれば、高額医療制度の適用をうけられないものかと悩んでおります。
どのような対応策があるのか、乱筆乱文、情報の整理も不十分なところご容赦頂き、
ご指導の程、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
・交通事故の場合でも、保険証を提示して診療を受ければ、他の傷病と同様に保険診療の扱いとなり、高額療養費の還付についても受けることが可能です。
また、現在は、市役所等で事前に手続きを行うことで、事後の還付ではなく、最初から上限を超えた支払いをしなくてもすむ制度もあります。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/kougaku_gairai/index.html

示談金の支払いは、原則として治療が終了した時点で行われることになりますが、自賠責保険(強制保険)についてはいつでも手続きを行うことで、支払いを受けることが可能です。従って、具合がなかなか改善せず、3ヶ月後にまだ通院中であった場合、とりあえず3ヶ月分の治療費や慰謝料を、自賠責保険に対して請求する事が可能です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答ありがとうございます。


・交通事故の場合でも、保険証を提示して診療を受ければ、他の傷病と同様に保険診療の扱いとなり、高額療養費の還付についても受けることが可能です。


―先方の保険から一銭も治療費が出ない前提で、全額保険診療が可能という理解でよろしいでしょうか。父の通院した整形外科の事務の方から先方から幾らかでも治療費が出れば、保険診療が可能なのですが、、、と意味不明な発言があり、それが引っかかっています。母の入院する病院には未確認です。病院で交通事故⇒保険診療という扱いを自動的にしていただけるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
・双方に過失のある事故ということですから、一時的な立替の問題はともかく、最終的
 には相手方本人又は保険会社から支払いを受けることになります。

・手続き的には相手方に過失がある場合のほうが、むしろ若干面倒なのですが、いずれ
 にせよ、保険会社の関与の有無や、過失割合とは無関係に、保険診療は可能です。

保険診療は保険証を提示しなけばなりません。自動的に保険診療にはなりませんので、一日も早く、病院に保険診療としてもらえるように手続きをされたほうが良いでしょう。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 4 年 前.

保険診療の場合、父の加入する後期高齢者健康保険(広域連合)側から事故負担1割とし、9割を車の保険会社へ請求するとのこと。保険会社で支払いを断った場合、本当の自己負担になると脅されています。当方の保険会社(マイカー共済)の過失割合の7割支払いの原資は対人賠償特約になるであろう(傷害特約が付帯されていないため)が、免責事項に配偶者と記載されています。相手側(東京海上火災)に過失割合3割を請求するとのことですが、免責により八方ふさがりでしょうか?悲しくなります。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.

交通事故 についての関連する質問