JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

こんにちは。以前(11月23日)に交通事故での少額訴訟について質問させて頂いた者です。 昨日、安城簡易裁判所に訴状

解決済みの質問:

こんにちは。以 前(11月23日)に交通事故での少額訴訟について質問させて頂いた者です。
昨日、安城簡易裁判所に訴状を提出してきました。
そこで裁判所の方に強制執行になったとしても被告の職場や銀行口座をこちらで調べておかないと、それ以上は関与できないと言われました。こちらから延べ100回以上も電話をかけていますが、
例え出たとしても一方的に切られ、全て無視されています。被告が理解しているか分かりませんが、内容証明郵便に配達証明を付けて、添付資料にしました。
あとは裁判当日に被告に問い詰めるかですが、問い詰める事は裁判上問題は、無いのですか?
但し、被告が出頭しない可能性もあります。
現在分かっている情報は、被告の実家の住所、固定電話番号、被告自身の携帯電話番号、事故当時に被告が乗っていた車のナンバーです。
被告の実家まで行き、被告の職場を突き止めるかも考えられますが、何日も張り込む訳には、こちらの仕事上無理です。
このように被告が無視を続ける場合は、探偵を雇うしかないかなと思います。
何か良い方法がございましたら、ご教示ください。
因みに少額訴訟のつもりでしたが、裁判所の方のご配慮で民事訴訟にしました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
勤務先や口座番号といった情報は、裁判で争っている内容ではありませんから、
裁判上でこれを問い詰めるというのは難しいでしょう。

別途、財産開示手続というのがあり、これがご質問のように、問い詰めるための
手続きであり、開示に応じなければ過料というペナルティも用意されています。
しかし、あくまでも本人に開示させるという手続きであって、例えば税務署の
納税情報を教えてもらえる、ということではありません。

勤務先の確認が困難であれば、ご自宅の動産であったり、自動車に対しての
強制執行というのも、視野に入れても良いかとおもいます。

houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問