JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

 ̄9月20日交差点で車対車の交通事故をおこしました。状況は相手が一時停止無視で横から突っ込まれてしまいました現在リハ

解決済みの質問:

 ̄9月20日交差点で車対車の交通事故をおこしました。状況は相手が一時停止無視で横から突っ込まれてしまいました現在リハビリに通っているんですが、頭痛がなかなか取れなくて困っています。実際後遺症とかが残ってしまったらと困っています。示談とかはやっぱり弁護士を頼んだほうが後遺症認定とかに有利なのか迷っています。回う答お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
後遺障害等級の認定については一定の定められた要件があるほか、それら
等級要件に当てはまらない後遺障害もあります。

個別のケースに応じて、後遺障害認定の手続きをしたほうが良い場合もあれば、
申請してもおよそ無駄であろうケース、交渉により慰謝料の上乗せを期待できる
ケース・できないケースというのがやはりあります。

これらの判断をしてもらうだけでも、まず専門家に相談をされることについては
意味があるかと思います。

また、後遺障害の有無に関係なく、ある程度の治療期間を要した事故であれば、
弁護士等に交渉を依頼されることで、慰謝料の増額を見込めることが一般的です。
自己負担になるケースですと、慰謝料の増額分が弁護士費用と釣り合うかどうかを
検討しなければなりませんが、弁護士費用特約がついているのであれば、この
心配もありません。

慰謝料算定の仕組みや後遺障害認定などについてアドバイスを貰うことで、
今後の通院についての不安を減らすことにもつながるかと思いますので、
一度、相談に行かれることをおすすめします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
返事遅くなってすいません。
自分は今通院リハビリ2ヶ月目なんですが、頭痛がなかなか取れなく困っています。仕事も今まで肉体労働でやってきたので体に不自由が残ってしまうんではないかと不安な気持ちです。

このような場合はやはり相談してしまったはうがいいですか?

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
そうですね。
実際のところ、弁護士等に具体的な仕事をしてもらうのはもう少しあとに
なりますが、先が見通せないというのは、不安要因として大きいかと思います。

ストレスなど心理的な要因で頭痛が発生する場合もありますから、一度
相談に行かれて、少しでも不安を取り除かれてはいかがでしょうか。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問