JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 935
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

ご質問ですが、事故後に上告によって敗訴し、検察側の不同意で証拠を却下されてしまい、過失傷害罪で結審され、判決がお

質問者の質問

ご質問ですが、事故後に上告によって敗訴し、検察側の不同意で証拠を却下されてしまい、過失 傷害罪で結審され、判決がおりたのですが、実際は事実と違い十分な証拠もあるのですが、再審 請求を出そうと思っていますが、その間、刑は履行されてしまうので、罰金は納付しようと思っ ていますが、相手側が起こした損害賠償については、先に賠償しなければならないのでしょうか 。 実際、再審請求が受理されるとしても、かなりの年月を要すると思いますが、しかし、相手方は 3千万円以上もの損害賠償を訴えてきました。 私のほうの任意保険会社は裁判中なので相手方の要求は受け入れられなかったので、まだ、自賠 責を除く保険は相手には支払われていません。 事故は、私が交差点を右折完了後、歩道の内側で歩行者のために停止中に相手が一方的に歩道を 走り追突してきたものです。しかし、裁判では目撃者もおらず、証明できませんでした。 この事故は私の方に過失は無いはずですが、どこまで相手は悪意に満ちた人間かと思います。 事故の事実を隠蔽し、保険金目当てに、私が立証できず有罪になったことにつけこんできました 。 天の助けを毎日祈っています。 どなたか、知恵をお貸しください。 宜しくお願い致します。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
支払い義務・支払期限という観点からいえば、理屈の上では、交通事故の場合は、
事故の瞬間に発生しています。従って、事故の3日後に支払ったとしても、実は
法的には滞納状態であり、遅延損害金が発生します。
しかし、延滞とはいっても、相手が現実に支払いを求めるためには、(こちらが任意で
支払わない以上)裁判をするしかありません。

刑事事件と民事事件は別々に進行します。
従って、刑事事件で判決が出たことと、民事事件として被害弁償をしなければ
ならないかどうかとは、法的には全く関係ありません。
刑事事件で無罪判決が出たとしても、民事裁判で賠償が求められることもありますし、
逆の場合も考えられます。

従って、民事事件で判決が確定すれば、刑事事件で再審が認められたとしても、
賠償金を支払わざるを得ませんが、まだ裁判中ということなのであれば、必ずしも
いますぐ支払う必要もありません。もっとも、任意保険に加入されていたということ
ですから、実害がないのであれば早期に示談交渉をしていまうという手も考えられ
ます。



交通事故 についての関連する質問