JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

交通事故で相手方にケガが無かったのですが、相手の人が勝手に整形外科で事故診断書を取って、警察へ提出してしまいました。

解決済みの質問:

交通事故で相手方にケガが無かったのですが、相手の人が勝手に整形外科で事故診断書を取って、警察へ提出してしまいました。相手の人が言うには、『本当は何ともなかったけど、警察から聞いたよくあるケガの箇所を、痛い痛いと言っていたら、「事故によるねんざ」と書かれた診断書を出してくれた』そうです。
ちなみに、私も整形外科で嘘の痛みを訴えたら、ねんざと診断されました。
これでは、全ての物損事故が、人身事故になってしまいますが、どうして法律はそうなっているのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

法律がそうなっているというのは、誤解です。
その被害者がしていることは詐欺罪という犯罪です。

現状として、被害者救済が実現されやすいように、医師が被害者の言い分をある程度信じて診断書を作成しているということがあるのです。
しかし、それにつけこんでウソの診断書を作ってもらい、保険金を受け取る行為は、詐欺罪なのです(いわゆる保険金詐欺の一種)。

被害者が「本当は何もなかった」と言っていたことが証明できれば、
質問者様は人身事故としての賠償をする義務がありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

被害者の言葉「本当はケガはなかった。」を証明する手段はありません。警察から、加害者は手が出せない事を聞かされているせいか、むしろ、「ひっくり返せるものならひっくり返してみろ」という図々しさを感じます。


ただ、被害者の治療内容が、電気マッサージをしていたらしく、ねんざには不適切な治療と思われます。ここからケガ(ねんざ)は無かったことを証明できると思われますか。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ねんざの治療に意味がないのであれば、支払う必要はありません。
足のねんざに、肩のマッサージをしてもらっているようなものです。
ですから、ねんざの有無にかかわらず、その治療費を支払う必要はありません。
ねんざそのものがなかったことの間接的な証拠にはなりますが、まだ弱いです。
平気で歩けていることや、ねんざに必要な治療を全く受けていないことも合わせていくことが必要です。

どうも悪質な被害者のようですから、つけこまれないように注意してください。
厳しく「意味のない費用は出しません。」と釘を刺しておいた方がよさそうです。
jo-banをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問