JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

8月27日に追突事故にあい、車両後部が破損しました。(修理代58万円)車は日産エルグランドで平成23年11月登録車を

解決済みの質問:

8月27日に追突事故にあい、車両後部が破損しました。(修理代58万円)車は日産エルグランドで平成23年11月登録車を平成24年6月に 新古車(中古車?)として購入しました。(購入額370万円 走行距離約250km)
追突者の過失は100%となっており修理代も保険会社が支払っていただけるのですが、車の価値下落(査定落ち)については、保険会社基準である登録後6ケ月以内に該当しないので払えないと言われており納得がいっていません。
買い替えないと損を被ることはないからなのかは解りませんが、車自体の価値下落ということは賠償されないものなのでしょうか。長年貯蓄してやっと購入出来た車ということもあり、納得出来ずにおります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 被害車両を修理したことによる評価損につき、修理代金(約109万円)の約35%(約38万円)の減損を認めた事例(名古屋地判平4.4.27 平3(ワ)988号)、自動車の事故による評価損(交通価値の低下)につき修理代の30%に相当する36万円を認めた事例(岡山地判平2.9.27 平元(ワ)565号、平2(ワ)504号)があります。

 

 修理代金の30%前後の請求なら可能ではないかと思いますので、交渉なさってください。

 

 ご不明の箇所がありましたら、またお尋ねください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

判例での対象車両は、新車登録時期などは関係ないのでしょうか。保険会社から言われているのは、「新車登録から半年以上たっているから払えない、社内規定である」ということでした。車種(高級車やプレミアがついている車とか)や新しい・古いなどという事由での支払いへの考え方がよく解らずです。


 


宜しくお願いいたします。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 更に調べると以下の事例がありました。

 

 ◆国産高級車(トヨタ・セルシオ)の評価損につき、登録後約2年11ヶ月を経過していることや、事故による損傷状態等を比較考慮して、修理代金の約20%(7万円)を認めた事例(大阪地判平6.6.21平5(ワ)2861号、平6(ワ)3836号)。

 

 ◆被害車(メルセデスベンツ=普通乗用自動車)が事故当時新規登録後約4年半を経ており、その間38,000キロメートル以上を走行したこと、被害車の損壊状態、修理費の額及び内訳(特に、部分塗装であること、リヤエンドフロアーを板金塗装に止めたこと)を総合し、修理費の20%をもって評価損と認めた事例(東京地判平6.9.13平5(ワ)21801号)。

 

 これ等から交渉なさってください。上記は保険屋との折り合いがつかず、提訴に至ったものですから、ナットクいかない場合は提訴すると申し上げてください。

 

 

kionawakaをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問