JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

無免許運転で50CCの単車に二人乗りして、単独事故を起こしました。 後部に乗っていた友人が大怪我をしてしまいま

解決済みの質問:

無免許運転で50CCの単車に二人乗りして、単独事故を起こしました。

後部に乗っていた友人が大怪我をしてしまいました。

この場合の刑事責任と、友人の治療費等(後遺症が残った場合も含めて)の負担をしなければならないのかを教えてください。

なお、運転者が未成年の場合につてもお教えください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
まず、刑事責任についてですが、無免許運転に加え、傷害についても刑罰を
受けることになります。傷害については、提出された診断書に記載された
治療日数や、処罰を希望するかどうかという被害者の意見を参考に総合判断と
なります。

民事賠償責任についてですが、無免許運転であっても、通常の交通事故と同様、
運転者が支払う必要があります。
逆に、無免許だから、一般的な事故よりも多めに賠償をしなければならないという
ことも基本的にありません。これは、民事賠償というのは、あくまでも被害者に発生
した損害を賠償するものであって、社会的な懲罰やペナルティを科すことを目的と
したものではないためです。
もっとも、慰謝料については感情的なものですから、事故のの内容や加害者の
対応によっては加算される場合もありえますが、そういう場合もあるという程度に
考えていただいたほうがいいでしょう。
賠償責任はあくまで運転者本人です。但し、高校生ぐらいの年齢であったり、
大学生や成年者であっても、原付の購入代金を親が援助していたようなケースでは、
親に対しても責任を求めることが可能です。

法律上、自賠責保険には加入が義務付けられていますから、こちらについては
加入されている可能性が高いものと思いますがいかがでしょうか?
自賠責保険では治療費や慰謝料については120万円まで、後遺障害についてはその
内容に応じて最高4000万円まで支払われます。また、もし、未加入であっても、
政府補償事業により、国から一定の補償を受けることが可能です。

なお、交通事故では自由診療で治療を受けるケースが多いのですが、相手方の賠償
能力に不安がある場合であれば、早期に健康保険での治療に切り返されることを
おすすめします。自賠責保険は120万円が上限ですし政府補償事業では健康保険
相当額の支払いしか受けられないため、自己負担となる可能性があるためです。

※政府補償事業というのはあくまで被害者の救済を目的とした制度です。
もし、政府補償事業から支払いを受けた場合、後日、国が加害者に対し、立替金の
請求を行うことになります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧なご回答有難うございます。


2点だけ確認させてください。


 


同乗者は運転者が無免許であること、2人乗りが違法であることを


認識していたとしても運転者が100%保障しなければならないのでしょうか?


 


事故をした単車が第三者である別の友人から借りていたものであるとき、


自賠責保険の適用は受けられるのでしょうか?


 


よろしくお願いします。


 

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
1.無免許運転について
 無免許運転に認識ていた場合で、それが事故の原因と関係している
 となれば、被害者にも過失ありとして一部減額される可能性があります。
 しかし、原付の運転は自動車と比べそれほど難しいものでもありませんし、
 免許試験においてもそもそも実技試験がないことなどを考えると、過失が
 認められるのは、かなり限定的になるものと考えられます。

2.自賠責保険について
 自賠責保険については、被害者保護を主な目的とする保険ですから、
 加害者や保険加入者の同意がなくても、被害者が直接手続きを
 することで、支払いを受けることができます。

3.所有者について
 交通事故のうち、人身事故については、所有者についても責任があります。
 従って、運転者だけではなく、この原付の所有者に対して請求する事も可能です。

houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問