JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

先週の金曜日の夕方、自転車どうしの事故で全治2週間の怪我をしました。私は橋の上を左側通行をしていましたが、前方から走

質問者の質問

先週の金曜日の夕方、自転車どうしの事故で全治2週間の怪我をしました。私は橋の上を左側通行をしていましたが、前方から走行してきた自転車がいきなりぶつかってきて私は前方に倒れ自転車の下敷きになり怪我をしてしまいました。幸い私の後方を走行していた方がいて、その方に助けて頂き、警察の現場検証にも最後まで立ち会っていただけました。その方の証言のおかげで相手方の過失が認められ警察から告訴出来るので告訴するので有れば告訴するよう 書類を貰いました。相手は6年生の子供ですが、検証時に住所を聞いても知らない、何を聞いても知らないの一点張りで聞けたのは学校の名前だけなので、もう1人の目撃者の方が学校に電話をしてくれたお陰で先生方に着て頂くことが出来やっと母親に連絡が取れました。その後、一度だけ父親から電話がありましたが、それ以降は何も有りません。この用な場合、どの様な対応をしていけば良いのか初めての経験の為にわかりません。告訴した方のが良いのか、しない方が良いのか、治療費や病院までの交通費等の請求方法など、この様な場合の対応方法を教えていただきたいのですが。宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 一 民事責任 民法712条、714条により未成年者の不法行為については、監督義務者(通常両親)が損害賠償義務を負います。そこで両親を被告として裁判を起こすことになります。

 

 示談交渉の相手方も両親です。

 

 二 刑事責任 刑法第14条で14歳に満たない者の行為は不可罰です(刑事責任無能力)。しかし、告訴することは可能なので(犯罪は構成要件(条文)に該当し、違法(正当防衛などの事由がない)、有責(心神喪失、刑事責任無能力などの事由がない)の場合に初めて成立します)、告訴状、被害届の提出が可能です。

 

 その際厳罰を望みます、に●をすると被害者に有利な結果になります。

 

 極めて悪質な事案なので、厳格に対応されることをお勧めします。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
御回答有難うございます。内容を読ませて頂きました。示談交渉は告訴してから行うのですか?それとも、告訴しないで直接相手方にした方がいいのでしょうか?告訴した場合の裁判費用などはどのようになるのですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
まずはじめに何をすれば良いか明確な回答がなかった
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

告訴が先です。
告訴というのは刑事処分を求めるための手続ですから、費用はかかりません。
裁判を起こすのは検察官であって、質問者様ではありません。
告訴はあくまで「誰々を刑事裁判で処罰してください。」という旨の警察や検察に対するお願いです。

告訴をされると加害者は、自分が刑事処分されたくないので、
「示談金をお支払いしますので、告訴を取り下げてください。」といってくるのが普通です。
本件では、警察も協力的なようですから、早急に告訴をされた方がいいでしょう。
告訴をして相手から連絡が来れば、そこで賠償金についての話し合いが始まるでしょう。
告訴をしても賠償を申し出てこない場合には、民事裁判を提起することになります。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
御回答有難うございます。この様な場合の損害賠償の金額はどの位なのでしょうか。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
損害賠償額としては、
・治療費実費
・会社を休んだのであれば、休んだ間の給与分
・交通費
などの総額です。
ですから、事故によって異なりますし、ご質問の状況だけでは回答は出来かねますので、
ご了承ください。

損害額はご自分で計算する必要があります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
御回答有難うございます。この様な場合慰謝料は請求出来るのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
慰謝料は、入院や後遺障害などがないのであれば難しいです。

ただ、相手が支払ってくれさえすればいいので、話し合いの中で請求してみるのはありです。
数万円~15万円くらいが妥当です。
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>示談交渉は告訴してから行うのですか?それとも、告訴しないで直接相手方にした方がいいのでしょうか?告訴した場合の裁判費用などはどのようになるのですか?

 

 既に他の方から回答がついているようですが、私の回答にマイナス評価がされておりますので、私からも回答いたします。

 

 理論上、示談は民事、告訴は刑事で別々です。告訴は刑事ですから、検察官が主体になり、通常費用は要しません。

 

 示談、民事訴訟は費用が発生します。通常は訴状など書けませんから、弁護士に依頼したりとその費用がかかります(相手にかぶせることは日本の法律ではできません)。

 

 請求額は、治療費、 慰謝料、休業損害(直前3か月の平均賃金をベースとする、職業により異なるが給与所得者の場合、給与明細や源泉徴収票が必要)、後遺障害(どの程度の後遺症が残るかにもよる)などが考えられます。通常交通事故のものを参考に請求明細を作成することが多いようです。当然証拠となる添付資料の添付が必要です。

 

 具体的な計算は紙面の都合上できませんが、示談でも裁判でもかなり膨らませて請求するのが通常です。

交通事故 についての関連する質問