JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

houmuに今すぐ質問する

houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 905
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

先日ネズミ捕りで捕まりました。 50キロ道路で76キロの26キロオーバーと言われました。 私は絶対にそんなスピードは出していません。 計測器は信号から200メートル位の所に設

解決済みの質問:

先日ネズミ捕りで捕まりました。
50キロ道路で76キロの26キロオーバーと言われました。
私は絶対にそん なスピードは出していません。
計測器は信号から200メートル位の所に設置されていたみたいです。
赤信号で外側の2番目に止まっていて、内側には2台車がいました。
車線変更もしていないし、前の車に普通について行っただけです。
実際に止められた時は、左側に2台、前に1台で一番奥の私が指を刺され車から降ろされました。
何を言っても聞き入れてくれませんでした。
私は他の車と間違えられたと思っております。
あまりにも納得いかなかったので、ハンコは押さず調書をとってもらいました。
24日に錦糸町に来いと言う事です。
勝てないのは分かっていても徹底的に対抗したいと思っています。
どうかお知恵をお貸しくださいm(_ _)m
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
26km/h 超過で青切符を交付されたということですね。
サインを拒否し、調書をとってもらったということですが、青切符は受け取られましたか?
それとも青切符の受け取りも拒否されましたか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話様ですm(_ _)m

青切符の受け取りも、反則金の支払い用紙の受け取りも拒否しました。
質問者: 返答済み 4 年 前.
専門家が詳しい情報を求めています

に対して、お答えしたのですが、返答はいつになるのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
通常、法律に違反した者を罰する場合、裁判を行い、その判決に基づいて
罰金等の刑罰が下されることになります。
しかし、交通違反については多数の違反が発生し、これをすべて裁判にしていては
取締側・違反者側双方の負担が大きくなることから、交通反則通告制度というもの
が設けられました。

これは、本来であれば、犯罪として裁判→罰金(等)となるところ、軽微な交通
違反に限定して、争いのないケースについては、あらかじめ定められた反則金を
納付すれば、刑事責任を免除する、という制度になっています。

この制度では、争わない人にとっては予め決められた反則金を支払うだけであり、
銀行に1回顔を出せばそれで終わるわけです。

それに対して、違反について争う場合には、刑事事件の流れとして警察や検察の
取り調べを受けることになります。取り調べの中で、嫌疑なしと判断されれば、
不起訴処分を得られる可能性がありますが、多くの場合何度か出頭することに
なります。時間帯としても平日になってしまうことから、会社を休む必要がでてくる
場合も多いかと思います。
さらにもう一点、主張が認められずに起訴され、有罪判決が出てしまった場合には
罰金の納付を命じられることになり、前科となってしまうという問題点もあります。

以上のようなリスクがあるものの、警察や検察も、小さい事件でそれほど時間を
かけてられないという実態もあります。手間や時間は惜しまないので、しっかりと
争いたい、ということであれば、不起訴処分を得られる可能性は充分にあります。

不起訴処分を得ることが出来れば、反則金を納付する必要はありませんし、
前科も付きませんので、落とし所としてはこれを目標とすることをおすすめします。

出頭された際には、反則金の納付や略式手続きを勧められることになるでしょう。
略式手続というのは書面審査のみで行われる裁判で、(理屈の上では無罪も
ありますが)実質的に有罪判決しかでない裁判です。
略式手続きというのは、ご質問者さまの同意なく行うことはできませんので、
あくまで拒絶を貫けば、検察官は正式な起訴を行うのか、不起訴とするのかの
選択に迫られることになります。

なお、不起訴処分になったとしても、行政処分(違反に対する点数)については
加算されてしまい、撤回はしてもらえないというのが一般的です。
こちらについては、免許停止などの具体的な不利益処分が下されない限り
異議申立ての手続きすらできないという制度になっています。

最後にですが、上記により反則金を納付せず、不起訴処分を勝ち取れる可能性は、
ある程度見込めます。但し、少なくとも金銭的な側面からみると、割に合わない
だけの時間を要することは覚悟していただきたいと思います。

回答が遅くなりまして失礼致しました。

質問者: 返答済み 4 年 前.
金銭的に割に合わないとありますが、徹底的に争うとなると裁判費用はどれ位かかるもんでしょうか?

私の車は、前輪のドライブシャフトと言うのが壊れていて、修理の依頼を出していたところで、その時に急加速や急発進はしない様にと言われていたんです。

あまり関係ないですか?

とにかく、私はスピード出していないんです。

徹底的に争うとしての流れを教えていただけますでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
割にあわないと書きましたのは、費用がかかるという意味ではなく、
裁判にかかる労力と、支払わずにすむ反則金を比べた場合、どこかで
アルバイトでもしたほうがよっぽどマシだと、いう趣旨でした。

但し、不起訴を目指すということではなく、裁判そのものでも争いたいと
なると、敗訴した場合には、訴訟費用を負担しなければならない可能性が
あります。

流れとしては下記のとおりです

警察
 ↓
検察
[略式手続に]-同意→略式命令による罰金刑
 │
不同意-<不起訴>→手続き終了
 │
<起訴>
 ↓
裁判
[判決]-<無罪>→手続き終了
 ↓
<有罪>
 ↓
罰金刑(等)

---
正式裁判になった場合の訴訟費用は、証人一人について5000円程度の日当と、
交通費になります。例えば、検察側から提出された速度の計測記録を否認したと
すれば、速度を計測した警察官や、取締りを行った警察官が、計測器の性能や
測定誤差などに踏み込んだ場合には、機器メーカーの社員が出てくる場合も
考えられます。もし、メーカーの社員が地方から来るようですと、往復の飛行機代
ということも考えられ、予想外に高く付くこともあるかもしれません。

逆に、不起訴を目指したものの、起訴となってしまった場合で、コレ以上のリスクを
広げたくないということおであれば、起訴された内容をすべて認めてしまえば、
上記のような費用負担は生じませんせん。

---

>私の車は、前輪のドライブシャフトと言うのが壊れていて、修理の依頼を出して
>いたところで、その時に急加速や急発進はしない様にと言われていたんです。
>
>あまり関係ないですか?
車両自体が、26km/h超過の速度を出せない、又は出すと明らかに異音がするなど
であれば、多少の材料にはなるかと思いますが、急加速や急発進をしなくても、
26km/hの速度超過には比較的容易になりうるかと思いますので、あまり関係
ないですね。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返答ありがとうございます。

スマホの調子が悪いので、PCから明日もうちょっと詳しく質問させてください。

申し訳ございません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返答ありがとうございます。
不起訴とは裁判の前の段階の事だったんですね。
勘違いしていました。

不起訴を目指したいと思います。

不起訴を勝ち取る(?)為にはどうすればいいですか?

「なお、不起訴処分になったとしても、行政処分(違反に対する点数)については
加算されてしまい、撤回はしてもらえないというのが一般的です。
こちらについては、免許停止などの具体的な不利益処分が下されない限り
異議申立ての手続きすらできないという制度になっています。」

↑ ここのところが非常に納得いかないのですが・・・・・


ドライブシャフトの件です。

明らかな異音とありますが、取り締まられた当時は明らかな異音がしておりました。(修理のパーツ注文済みで入荷待ちの状態でした。証明も出来ます。)

それと、私が争いたいのは、計測器の不具合ではなく、指定する車の間違いの事です。
計測器が76キロと出したのは間違っているとは思っておりません。
その後の車の指定が間違っていると思っております。
前述に書いた通り、私の車の前に1台、左側に2台いました。
私の車と証明する事は出来るのでしょうか?
私の車と証明出来たら納得せざるをえません。
計測器が計測した後に見ていた警察官が無線で伝えると聞きました。
ここのところが納得いかないんです。

わたしは、普段からスピードを出さない様に気を付けて運転しているんです。

更に、計測器の設置された場所は信号機から2~300メートル位のところなので、よほど踏み込まないとそのスピードは出ないんです。

走ってる時にずっと異音がしている車でそんな事は出来ません。

「サインを拒否し、調書をとってもらったということですが、青切符は受け取られましたか?
それとも青切符の受け取りも拒否されましたか? 」

とありますが、これはどういう事になるんですか?

意味不明なところがございましたら、お手数ですが、さらに詳しい情報を求めてください。

よろしくおねがいいたします。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
※行政処分について
 運転免許をは、重大は違反を行ったり、軽微な違反を繰り返したりした場合に、
 免許の停止処分や取り消し処分を行うことになっています。
 点数の加算された状態というのは、これらの処分に向けたカウントをしている
 いわば内部手続の状態であって、運転者にとって具体的な不利益が生じて
 いないため、異議申立て等をおこなうことはできません。
 他の違反とあわせて6点以上となり、免許停止処分や行政処分を行う旨の
 通知を受けた段階で、異議申し立てを行うことが可能になります。

※異音について
 その異音が速度によるものであり、明らかに運転に支障が出るようであれば、
 自動車自体が当該速度で巡航することが困難である旨や、注文済みで合った旨を
 修理工場の方に一筆書いてもらい、出頭の際に持参されるとよいでしょう。

※計測対象について
 測定方法にも、複数の方式があるため、一概に言えませんが、複数の車線を
 同時に狙っている場合と、特定の車線のみを狙って測定している場合とが
 あります。
 伝達については、色や車種名などを無線で伝えるといったやり方で行なって
 おり、これについての資料はありません。資料がないから有利、と本来であれば
 なるべきなのですが、ここは警察官の証言で補完されることになり、訴訟となった
 場合に押し切るのは現実問題として厳しいです。

※青切符の受領について
 青切符を受領していた場合は、反則金制度に基づいた手続きが間に割り込んで
 くることになります。今回は青切符の受領拒否をされたということですので、
 こちらから同制度の適用を拒んだ事になりますから、受領していた場合と比べ、
 手続きの進展が若干早くなります。

今回の場合の争い方ですが、
・計測されたような速度は出していない
・車両の不具合で、測定されたような速度をだすことは困難
であることを主張しながら、先ほど言われていた伝達の不備があったのではないか
という点については、参考程度に触れて置くような感じで良いでしょう。

ポイントとしては、ご自身の主張を、首尾一貫してきっちり主張すること、また、最初の
回答でお答えしました通り、略式手続に合意しないこと、この2点となります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
御世話様です。

何度も申し訳ございません。

「今回の場合の争い方ですが、
・計測されたような速度は出していない
・車両の不具合で、測定されたような速度をだすことは困難
であることを主張しながら、先ほど言われていた伝達の不備があったのではないかという点については、参考程度に触れて置くような感じで良いでしょう。

ポイントとしては、ご自身の主張を、首尾一貫してきっちり主張すること、また、最初の回答でお答えしました通り、略式手続に合意しないこと、この2点となります。」

不起訴になる確率としてはどのくらいになるのでしょうか?

だいたいで構いません。

もし不起訴にならずに裁判になった場合はほぼ負ける感じですよね?

不起訴にならなかったら、その時点で負けを認めれば略式手続したのと同等な感じに終わるのでしょうか?

何度も申し訳ございません。



専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
違反の内容や、ご質問者様の違反履歴にもよりますので、一概にはいえませんが、
過去に同種の違反を繰り返していたり、直近で何度も違反をしているようなケースで
なければ、きちんと筋道を立てて反論をされることで、5割以上の確率で不起訴を
勝ち取ることはできるのではないかと考えております。

一方で、起訴となってしまった場合の有罪率は極めて高く、その中で争った場合の
リスクはすでに回答したとおりです。
略式の場合とことなり、法廷が開かれることにはなりますが、違反内容を認めて
争わない姿勢を示せば、特に過大な手間や出費ということにはならないでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
流れとして、
略式手続

不同意

起訴 or 不起訴

なわけですよね?

起訴 or 不起訴は、その日のうちに分かるんですか?

起訴になったばあいは、その場で争うのをやめると言えばいいわけですか?

不起訴になったばあいは、それで終わりですか?

全部ひっくるめて、1日でおわるのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
流れとしてはご質問のとおりですが、非常に時間がかかります。
また、起訴された場合には後日裁判所から呼び出しがありますが、
不起訴の場合には通知がありません。
検察庁への出頭後、2-3ヶ月たって、何も連絡がなければ、恐らく
不起訴となっていると思われますので、検察庁に電話で確認されると
よいでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.
御世話様です。

起訴の場合も、不起訴の場合も、その日には分からないってことですね?

当日は、略式手続の不同意をしに行くだけという事ですよね?


「起訴された場合には後日裁判所から呼び出しがあります」

の場合は、どういう風にギブアップすればいいのでしょう?

最初は、徹底的に争ってやろうと思っていましたが、不起訴にならなかったらすぐにギブアップしようと思い直しました。

当日に何か用意して持って行った方がいいのでしょうか?

こちらの主張を文にして持って行ったりとか・・・・・
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
>起訴の場合も、不起訴の場合も、その日には分からないってことですね?
その通りです。

>当日は、略式手続の不同意をしに行くだけという事ですよね?
道路交通法違反事件の容疑者として、取り調べを受けに行くということです。

略式手続に同意しなかった場合、検察から複数回呼び出される可能性もあります。
また、後日連絡があるから、といわれながら呼び出しがなく、そのまま不起訴という
パターンも考えられます。

>「起訴された場合には後日裁判所から呼び出しがあります」
の場合は、どういう風にギブアップすればいいのでしょう?
裁判所の初日に、検察官が違反事実等について述べ、資料を提出しますので、
それについて同意をすれば、その日のうちに判決がでる場合もあります。、

>当日に何か用意して持って行った方がいいのでしょうか?
口頭できちんと主張できるのであればよいですが、不安があるのであれば、
書面で作成して提出されるのは有効でしょう。



質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話様です。

連絡遅くなって申し訳ございません。

7月24日に錦糸町の簡易裁判所に行きますので、ここで頂いた返答を元にお話をして来ようと思います。

評価の方は、その後させていただきます。

問題あるようでしたらお知らせください。

よろしくお願いいたします。
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
ご連絡ありがとうございます。
ただ、ご返信を頂きますと、質問が来てますよ、というアラートが出て、
こちらからも回答を付けないといけないシステムになっております。
恐れ入りますが、ご質問以外のコメントはご遠慮ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
お世話様です。
連絡遅くなりまして大変申し訳ございません。
昨日、錦糸町の簡易裁判所に行って参りました。
略式手続に不同意しまして、結果待ちの状態になりました。
裁判官(?)との話は、こちらの言い分はほとんど聞いてもらえませんでした。
全ての事に対して根拠(証拠)がない、計測器は絶対に間違いない、警察官も絶対に間違えない。
との事でした。
あなたの言ってる事は単なるわがままですと言われました。
根拠も証拠もないんだから裁判になっても勝てませんよと言われました。
調書もこちらの言い分はほとんど書いてもらえず、書いてもらった後に「根拠はないが」と締めくくられました。
その場で罪を認めさせる為の事だとは思いますが、こんな感じなんでしょうか?
話をしているうちに起訴は確実だなと思いました。

起訴された時は、一度検察官に呼び出されるのでしょうか?
もっと詳しく調書とってくださいと言ったんですが、それは検察官に呼び出された時に自分で話してくださいと言われました。

起訴されたら、すぐに参ったしようと思っております。

最後に、起訴後のアドバイスを頂けますでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
検察庁としては、1件でも多く略式手続に同意させたいのであり、いかに迅速に
多数の事件を処理したのかということが、勤務評価につながるのです。
また、反則金不納付・略式手続拒否をする人が増えてしまうと、裁判のシステム
自体が機能不全になりかねない、実は非常に危ういシステムでもあるのです。

このため、担当される方も略式手続に同意するように強く求めてくるわけです。
もし、起訴されることになった場合には、再度検察庁から呼び出しがあるでしょう。

その後、裁判所から期日の案内や弁護士をどうするのかなどを確認する書類が
届いたり、公判前に証拠の確認を行う為に、出頭を求められる可能性があります
ので、遺漏のないように注意してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.
起訴されることになった場合には、再度検察庁から呼び出しがあるでしょう。

ここでギブアップ出来るのですか?

起訴された場合に一番早く終わらせる為には何をどうすればいいのでしょうか?

なんか良く分かりません。
申し訳ございません。

検察庁に行く→裁判前?
検察庁から呼び出しがかかったらそのまま裁判?

起訴された場合の、一番被害の少ない方法はなんでしょうか?

色々話を聞いたら裁判する意味がないと思いますので・・・・・
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
>色々話を聞いたら裁判する意味がないと思いますので・・・・・
これはどういう趣旨でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
裁判しても絶対に勝てないという事です。
ですから、起訴された場合、一番被害が少なく済むにはどうすればいいですか?
不起訴になれば一番いいのですが・・・・・

どの時点で負けを認めればいいのか分からないもので・・・・・
検察官とお話をする時なのか、裁判の時なのか・・・・・
検察官とか、裁判とか順序が良く分からなくなってしまいました。

起訴されたらすぐに裁判所から呼び出しが来るのか、検察官から呼び出しが来るのか・・・・・

略式手続の不同意までは良かったのですが、今後の事が良く分からないのでとても心配です。

乱文出申し訳ございません。
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
起訴されることになった場合は、検察からまず一方が入り、再度調書をとられる
ことになるでしょう。

実際に起訴された場合には、裁判所から手紙が届き、裁判に向けての事務手続きが
はじまります。、起訴されてから裁判までには1-2ヶ月の期間があり、それまでの間に、
検察側が提出予定の証拠を開示したり、前述のように弁護士をつけるかどうか
などの準備期間があるということです。

裁判の中でも徹底的に闘うという場合であれば貴重な準備期間になるわけ
ですが、ご質問者様のように争うつもりが無いのであれば、必要最小限の
手続き対応を行い、裁判の初日に、争わない旨を述べれば大丈夫です。
早ければ当日中に判決となる可能性もあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
申し訳ないです。

間違えました。

遅くなったうえに評価間違えて申し訳ありません。

やり直します。

色々とありがとうございました。

どうやって評価し直すのでしょう?

本当に申し訳ないです。
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
こちらの回答に評価頂ければ大丈夫です。
よろしくお願いします。
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 905
経験: 行政書士 知的財産修士
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    119
    行政書士 知的財産修士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    119
    行政書士 知的財産修士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    行政書士

    満足した利用者:

    12
    立命館大学産業社会学部卒 業務経歴23年の行政書士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    15
    東京司法書士会所属
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3271
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    42
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
 
 
 

交通事故 についての関連する質問