JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

走行中のバイクに、歩道に停めてあった自転車が車道に移動してきて、バイクと衝突し前面と左側面が破損ました。警察に連絡し

解決済みの質問:

走行中のバイクに、歩道に停めてあった自転車が車道に移動してきて、バイクと衝突し前面と左側面が破損ました。警察に連絡し、事故証明を作成していただけることでしたが、後ほど、別の警察官から、自転車に人が乗つていなかつたので、「事故扱いできません」と連絡がありました。自転車の所有者は、事故扱いにならないから責任がない、というのですが、いかがでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
事故ではない、という説明には語弊があります。
警察の言われているのは、あくまでも交通事故証明書を発行できる
交通事故に当たるかどうか、ということです。

例えば、ベランダから、植木鉢を落とした場合や、犬に噛まれた場合、
どちらも事故ですし、植木鉢を落とした方や犬の飼い主には賠償責任
がありますが、警察に交通事故証明書を発行してもらうことができそう
にないことは、ご理解頂きやすいのではないかと思います。

現実に取締はなされていませんが、自転車を歩道に止めることは、
道路交通法条駐車違反に当たりますし、それは別としても自転車の
使用者として管理責任があります。
今回の場合、チェーンで固定するなどの強風の中で十分な配慮をせず、
安易に路上に駐車したことで事故が発生したといえますから、事故証明書
発行の有無にかかわらず、賠償を求めることが可能です。

ご参考になりましたら、幸いです。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問