JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私の経営する自動車修理会社でお客様から自動車修理の依頼を受けました。修理期間中の代車が出払っていたため従業員の所有す

解決済みの質問:

私の経営する自動車修理会社でお客様から自動車修理の依頼を受けました。修理期間中の代車が出払っていたため従業員の所有する車(自賠責保険のみ加入)を従業員の許可を得てお客様に代車として提供しました。そのお客様がその代車で人をひき被害者は死んでしまいました。自賠責保険で3000万円は支払われたのですが追加で6000万円請求する訴えを運転者と運転者の会社と車の所有者(当社従業員)におこしてきました。この場合車の所有者は責任を負わされるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
自動車の人身事故については、自動車賠償責任保険法、という法律で、
運行供用者責任というのが、定めらており、自動車の所有者や一定の利害関係に
ある人が責任を追わなければならないとされています。
従業員がミスをした際に、会社が責任をとらなければならないというのと似ていると
考えれば、多少はわかりやすいでしょうか。
今回の場合、所有者の承諾を得て、御社事業に関連して自動車を貸し出しした、
とのことですので、両者にこの責任があります。

>この場合車の所有者は責任を負わされるのでしょうか?
とのご質問ですが、被害者は人身事故に関する賠償を、運転者・運行供用者の
いずれに求めても構いません。ただ、本来運転を誤り、損害を発生させたのは
運転者です。

従って、御社や従業員が運行供用者責任にもとづいて請求を受け、その賠償金を
支払った場合には、運転者に対してその賠償額の一部又は全額を求償することが
可能です。



質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。現時点で何かしておいた方がよい対策・手立てはありますか?
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
ご質問者様は、事故現場にいたわけではありませんから、事故に関する情報が
少ないかと思います。ですので、運転者の方や弁護士さんと連携をして、事実関係を
把握することがまずスタートになります。

その上で、加害者との間での話し合いの経過などもなるべく把握された上で、
事故後の対応が十分であったかどうかなども検討されてみて下さい。
死亡事故であれば運転者も気が参っていて、あるいは逮捕されていたなどの理由で、
通常すべき対応ができていないことも考えられます。
事故後の対応が不誠実だった場合には慰謝料の増額理由になる場合もありますし、
そこまでは行かなくても、和解が成立しにくい要因となることは、ご想像頂けるものと
思います。

事故関係者としてお詫びをすると共に、もし運転者の対応に不十分な点が見られる
ようでしたら、ご質問者様の可能な範囲でフォローを検討されておくとよろしいかと
思います。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問