JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

賠償金について質問します。 事故の詳細は、私がコンビニの駐車場を歩いていたら、バックで発進して来た車の運転者が

解決済みの質問:

賠償金について質問します。

事故の詳細は、私がコンビニの駐車場を歩いていたら、バックで発進して来た車の運転者が、車を発進する前に前方確認を怠ったため、歩行中の私に気づかずに、私に当たった。怪我は打撲だけで済みました。私がお聞きしたいことは、自賠責保険から、賠償金は¥4200×病院の通院日数×2だと知りましたが、私は、病院への通院の他にカイロに通 院しました。医師の診断書をもらって、カイロにかよっていましたが、カイロの通院の部分は¥4,200×通院日数×1でした。カイロの治療は病院での治療ではないので、同じ扱いにならいのでしょうか?納得がいかないので、質問させていただきます。私は千葉県在住なのですが、県庁の中に交通事故相談の担当部署があり、不服申し立てができることが解りました。そうする前にジャストアンサーに相談してみようと思い、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
柔道整復師の施術のための通院であれば、整形外科と同じく実通院日数を2倍した日数に対して通院慰謝料を請求できますが、鍼灸師、指圧師、マッサージ師の施術のための通院は実通院日数を2倍することはできないとされています。
したがって、不服申し立てをされても、認められない可能性が高いです。

他方、治療回数についてですが、症状が固定されてしまった後については、原則としてそれ以降の治療費は支払われません。もっとも、これは保険会社の担当者との交渉事項ですので、症状がまだ固定されておらず、治療が必要であることや、症状の悪化を防止するためには通院を続けることが必要であることを説明し、延長を交渉してみましょう。
jo-banをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問