JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 246
経験:  行政書士事務所経営
67515089
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

はじめまして。 交通事故の被害者です。治療が終わり加害者側の任意保険会社から示談書が送られてきました。 慰謝料の

質問者の質問

はじめまして。
交通事故の被害者です。治療が終わり加害者側の任意保険会社から示談書が送られてきました。
慰謝料の金額に納得できない場合は何を根拠に増額請求できますでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

1 ご相談いただきまして、ありがとうございます。行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

 微力ながら、ご相談に回答させていただきます。

 

2 通称青本と呼ばれる「交通事故損害額算定基準」(日弁連交通事故相談センター)、赤い本と呼ばれる「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(日弁連交通事故センター東京支部)があります。

 

 これらは、自動車事故の損害賠償についての理解を深めるためにご活用いただける書籍です。

 それぞれの編集者が裁判例の傾向等を斟酌し、損害額算定基準として公表しています。

 保険会社とは別の算定基準である場合が多いですので、これを根拠にするとよいと思います。

 

3 問題は、どうやって赤本や青本を見るかですが、図書館においてある場合もあります。

  

  http://ksrd.yahoo.co.jp/PAGE=DT_SOLVED/OUTLINK=1/QID=1110678851/AID=34669456/SIG=1223cojn0/EXP=1336798269/*-http%3A//www.library.metro.tokyo.jp/1h/1h14.html

「赤本」自体ではないですが、その注釈書もあります。↓

http://ksrd.yahoo.co.jp/PAGE=DT_SOLVED/OUTLINK=1/QID=1110678851/AID=34669456/SIG=1277i96hq/EXP=1336798269/*-http%3A//bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4324063389.html


こちらにも、ご相談されては、どうでしょうか。

http://www.n-tacc.or.jp/

 

以上です。参考になれば、幸いです。それでは。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

相手の保険会社曰く、自陪責の損害賠償額が120万なので、

治療にかかった金額 656195円

を差し引いて最終支払金額は 543805円です。

ということなんです。

支払金額の内訳は

通院交通費  13770円

休業損害    66156円

慰謝料      463879円

です。

総治療期間は135日、実通院日数は86日で「治療期間、治療実日数、傷病の程度を勘案し、算出しました」とありましたが、到底この金額では示談書に印鑑を押せません。

慰謝料の部分を増額請求することは可能ですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

相手の保険会社曰く、自陪責の損害賠償額が120万なので、

治療にかかった金額 656195円

を差し引いて最終支払金額は 543805円です。

ということなんです。

支払金額の内訳は

通院交通費  13770円

休業損害    66156円

慰謝料      463879円

です。

総治療期間は135日、実通院日数は86日で「治療期間、治療実日数、傷病の程度を勘案し、算出しました」とありましたが、到底この金額では示談書に印鑑を押せません。

慰謝料の部分を増額請求することは可能ですか?

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
1 回答が遅れて、大変もうしわけありません。退席中でありました。家族関係専門の行政書士rikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

2  赤本を使って金額を計算しなおせば、金額はあがります。ただ、それは、金額の算定基準が複数ありまして、保険会社は、自分たちに都合のいいほうを使うので、赤本を使って計算しなおせば、正当な額になるから、という理屈です。

 この場合の請求の相手方は、保険会社、になります。

 また、損害は、物的損害に限ります。

3 これに対して、慰謝料請求は、加害者に対して直接請求する必要があります。

 ですので、これを根拠として、保険会社に対する、増額請求することはできないでしょう。

4 慰謝料請求をご希望の場合は、お近くの弁護士や行政書士に相談すれば、アドバイスをしてくれるでしょう。

  この場では、具体的な法律相談はできず、一般論をお伝えするしかないのですが、一助になりましたら、幸いでございます。

交通事故 についての関連する質問