JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy,
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1537
66125890
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

平成21年の春ごろ、携帯使用しながら運転中のところを警察官に見つかり、職務質問されました。その際私の保有する免許の更

質問者の質問

平成21年の春ごろ、携帯使用しながら運転中のところを警察官に見つかり、職務質問されました。その際私の保有する免許の更新の有効期限が切れていることが分かり、(有効期限から約10 か月経過)、私自身も免許を携帯したまま確かめもしなかったので非は十分にありますが、うっかり失効処分にはならず、同年夏ごろ無免許運転処分となり検察庁にて20万円の罰金の支払いをしました。
今事情があって会社の代表取締役にならなくてはならない状況ですが、会社が警備業を営んている場合、私は代表取締役として変更できるでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

警備業法第3条第2項にて

 

禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して五年を経過しない者

 

は警備業を営んではいけない、と定められております。(ご参考までに警備業法のリンクを添付いたしました。第3条の他の項に該当しないかご確認ください)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47HO117.html

 

以前の罰金刑は道路交通法違反ですよね?

でしたら禁錮以上の刑に処せられておりませんし、この法律(警備業法)の規定の罰金刑になったわけではないので、ご相談者様は警備業法を営む者として別に問題はないものと思料できると思います。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ご提示いただきました金額に対しまして、ご相談にお答えさせていただきましたが、説明不足やご不明の点がおありでしょうか。

 

おありのようでしたら、ご返信をいただけたらと存じます。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

交通事故 についての関連する質問