JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

はじめまして。質問させて頂きます。59歳の男性です。先日、休日を利用してスキーに行きましたが、その際、ゲレンデ内(コ

解決済みの質問:

はじめまして。質問させて頂きます。59歳の男性です。先日、休日を利用してスキーに行きましたが、その際、ゲレンデ内(コース内)で、他のスキーヤーに衝突されてしまい、肋骨を骨折するという怪我を負ってしまいました。病院での診断の結果は、肋骨1本骨折。1本にひびが入っているとの事、その他、腰、脚部のつけねや背中にかなりの打撲があり、現 時点では事故にあって直の為、完治までにどのくらいかかるかは明確にはいえないらしく、最低でも1週間の安静が必要とのことで、現在自宅で療養中です。(現時点で自力での歩行は困難な状態です)今回の事故は相手方が一方的に私の後方から衝突したというもので、100%先方の過失です。(スキー場のパトロールを含めて)先方もその事は認めており。治療に要する佩用は全額負担すると言ってくれています。ただ、私の仕事がタクシーのドライバーで、給与は100%歩合の為、今回の事故により休職した分は全く収入がありません。仕事柄、脚部の怪我は業務に直接影響するため、完治するまでは仕事に復帰できません。この点を踏まえ、今回の事故で相手方にどの様な内容の損害賠償を請求できるのかをお教え下さい。因みに、スキーの障害保険にはどちらも加入しておりません。宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
過失における事故における賠償ということで、交通事故における賠償基準を
参考にされるのがよろしいかと思います。

請求可能なものとしては、治療費、交通費、休業損害などが代表的ですが、
それ以外でも個別の事情に応じで必要な費用や損害は認められます。
(具体的に今回のご相談者様に関係しそうな例が思いつきませんが、例えば
子供が怪我で入院し、学校を長期欠席したケースであれば、これを取り戻す
ための家庭教師代が損害として認められます。)

休業損害は、お勤めの方であれば、直近3ヶ月の平均月収をもとに計算するのが
実務上通例となっています。

仮に1ヶ月間通院した場合ですと、通院頻度や怪我の程度などにもよりますが、
慰謝料の金額は12万円~30万円程度となります。
※1ヶ月あたりではありません。2ヶ月目以降はだんだん低減していきます。
タクシー会社にお勤めであれば、交通事故の賠償に関する資料などもあるかと
おもいますので、それらを参考に交渉を進められると良いでしょう。

---
なお、個人賠償責任保険というものがあるのですが、自動車保険や火災保険
などのおまけで付いていることがあります。保険料が少額で、家族単位で補償
されることも多いため、ご本人が忘れてたり、知らなかったりということもよくあり
ます。相手の方がこちらに加入されている場合には、保険会社から支払いを
受けることができますので、再度確認されてみるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。つきましては、ご回答頂いた内容の中で質問させて頂きます。、慰謝料と休業損害は、別々に請求出来るものと考えてよいのでしょうか?宜しくお願いいたします。

専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
はい、そのとおりです。
慰謝料というのは、怪我のため通常の生活が送れなかったことに
対する損害賠償であり、休業損害は実際に得られるはずだった
収入に対する補填になります。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問