JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表
60879286
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

昨年の12月24日にバイクで人身事故(対歩行者)をおこしてしまいました こちらの信号無視でぶつけてしまい右足首捻挫

解決済みの質問:

昨年の12月24日にバイクで人身事故(対歩行者)をおこしてしまいました
こちらの信号無視でぶつけてしまい右足首捻挫と右ひざ打撲を負わせてしまいました
年末に1回会って3回の通院費50260円と箱菓子代と年明け通院費として5万円の仮払いをし ました(計100260円です)
自賠責保険にしか入っていませんでしたが誠意をもって対応してもらえればなるべくこちらの実費負担がないように解決したいと相手の方が言ってくれています
こちらのことも考えてくれていますしできるだけのことはしてあげたいと思っていますがこの後どう動いていいのかわかりません
相手が中学生の女の子で歩行困難なため通学のタクシー代は請求できるか確認してくださいと言われました
あまり長引かせたくないとも言っていたのでなにか良い方法があれば教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

相手方の治療には健康保険を使用してもらっていますか?

 

治療は長引きそうですか?

 

健康保険を使用していないときは、健康保険診療に切り替えてもらってください。

 

診療単価が下がるので、自賠責保険の120万円の限られた枠を有効に使えます。

 

自賠責保険の会社には連絡を入れていますか?

 

個別の支払いについては契約している自賠責保険の会社でも問い合わせに応じてくれます。

 

一般的な自賠責の支払い基準は損害保険料率算出機構のHPに掲載されています。

 

傷害による損害

http://www.nliro.or.jp/service/jibaiseki/shiharai/shougai.html

 

また、日本損害保険協会で設置している自動車保険請求相談センターでも各種の相談に応じています。

 

自動車保険請求相談センター 各地の連絡先一覧

ttp://www.sonpo.or.jp/about/address/center/index.html

受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~12:00、13:00~17:00

 

最終的な損害賠償については、治療の終了後に被害者請求として直接慰謝料や治療費を自賠責保険から被害者や病院に支払ってもらう方法もありますし、加害者であるあなたが基準に従って支払った後に加害者請求として自賠責保険会社に請求する方法もあります。

 

あなたの実費負担を軽減するのであれば、治療終了後に被害者請求の形で自賠責保険会社に請求を行う形が良いと思います。

 

この場合も、加害者であるあなたが書類の取りまとめなどを行うと、印象が良いと思います。

 

自賠責保険の会社に事故の届け出を行えば、自賠責保険請求のガイドブックや請求書類一式をもらうことが出来ますので、請求方法はわかる思いますし相談にも応じてくれます。

 

病院の治療代金も病院の了解を得ることが出来れば、治療後に自賠責保険から直接支払うようにすることが出来ます。

 

まずは、自賠責保険の会社に事故の届け出を行い、今後の手続きについて相談されると安心かと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
自賠責保険会社には行って書類も貰ってきています
保険診療については相手が納得しておらず切り替えてもらってません
お互いに負担なく保険会社を有効に活用できないか考えているのですがあいおい損保の対応が悪く不信感が出てきたのでこちらに相談しています
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

自賠責保険は任意保険と違い示談代行などのサービスはないのでいろいろ不便を感じることと思います。

 

お互いの負担を少なくするというなら、病院の治療費については了解をもらって今後の分は治療終了後に自賠責保険から直接病院に支払ってもらうようにしたらよいと思います。

 

出来れば保険診療に切り替えてもらって、120万円の限られた枠で治療費以外に慰謝料にも多く振り分けられるように理解してもらうと良いと思います。

 

通院のためのタクシー代は妥当な範囲で認められますが、通学のタクシー代については自賠責では認められない可能性があります。

 

あいおいが回答してくれない場合は、各地の請求相談センターに問い合わせてみてください。

 

自動車保険請求相談センター 全国各地の連絡先一覧

ttp://www.sonpo.or.jp/about/address/center/index.html

受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~12:00、13:00~17:00

 

また、そんがいほけん相談室でも同様の相談を受けています。

 

本部

フリーダイヤル:0120-107808

携帯電話、PHS:03-3255-1306(通話料はご利用者負担)

 

各支部そんがいほけん相談室

 

受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00  月~金曜日(祝日・休日を除きます)

・北海道支部 TEL:011-231-3815

・東北支部 TEL:022-221-6466

・静岡支部 TEL:054-252-1843

・北陸支部 TEL:076-221-1149

・名古屋支部 TEL:052-249-9760

・近畿支部 TEL:06-6202-8761

・中国支部 TEL:082-247-4529

・四国支部 TEL:087-851-3344

・九州支部 TEL:092-771-9766

・沖縄支部 TEL:098-862-8363

sakurabitoをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問