JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

車両どうしの接触事故について教えてください。 私の自宅駐車場は、T字路の角にあります。 駐車場から出庫する際、目の前の道は住宅用道路で4.5mほどの道幅です。T

解決済みの質問:

車両どうしの接触事故について教えてください。

私の自宅駐車場は、T字路の角にあります。
駐車場から出庫する際、目の前の道は住宅用道路で4.5mほどの道幅です。T の下棒の部分です。
まず、その道へ右折で出てから、一般道路へ入ります。

出庫しようと徐行で、前輪が駐車場から出たくらいの時に
一般道路から50㎞/h近いスピードで、まったく減速せずに牛乳配達車が突っ込んできました。
私の車の右前部に接触しましたが、相手車両はブレーキをかけることなく
配達先の家の前まで行ってしまいました。
運転手は、車を降りてから、自分の車の左側を見て、後方を振りかえり、
私の車と接触したこ とに気付いてました。
私はもちろん、相手車両が視界に入った時点で停車しましたが
それはあまり関係ないようですね。

結局、路外から道路に進入する車と直進車の接触としてかたづけられようとしています。

こちらとしては、二つの道路の角にある駐車場は、視界を遮るものなどなく
左折車が通常の減速、左折方向確認をきちんとしていれば、起こりえないと思ってるのですが。
接触したヘッドライト部分は斜め外側に歪んでいます。
直進車との接触だとしたら、こうは曲がらないと思うのですが。

車のへこみ部分の写真も、事故当時の当車の停止位置の写真、駐車場と道路の様子の写真も、
相手の保険会社に送ったのですが、
あくまでも路外からの進入車に責任があると主張してきます。

私が愚かだったのですが、任意の保険に加入していなかったため(経済的理由ですが、言い訳ですね)
私と保険会社との交渉になっています。

左折してから、その車が直進であるとみなされる定義などはあるのでしょうか?
たとえば、道路に対する平行度など・・・

牛乳配達車が急いでいたという裏付けが取れれば、スピード違反の証明にもなるでしょうか?
そしたら、配達先のお宅に、いつもは何時頃に配達されてるか、時間を聞いて
あきらかに遅刻していたら・・・・?

9対1で、私が悪いとは
あまりにも理不尽に思えてしまいます。

どうぞ、お知恵をお貸しください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
角に駐車場があるという点が若干きになりますが、通常路外出入車との事故であれば9:1ではなく8:2が基本割合となります。その上で、
・こちらが徐行せずに飛び出した
・目の前が幹線道路だった
などの理由があれば、こちらに不利に修正され、
・こちらが頭を出した状態で待機した上で道路に侵入していた
・相手に15km/h以上の速度違反があった
などの理由があれば。こちらに有利に修正されます。

例えば、当該道路の速度制限がわかりませんが、30km/h制限の道路で50km/hであれば20km/h釣果ということになりますので、1割こちらに有利に修正され7:3の過失割合というのが一般的に目安となる過失割合です。(これが30km/h以上の速度違反であれば、+2割で6:4となります)

遅刻というのは、何かあったんじゃないかと思わせる材料にはなりますが、それ以上でも以下でもありません。速度違反の判断は、急ブレーキがあればスリップ痕などが判断の材料になりますが、今回はそれはなさそうですね。車体の破損状況から判断することもできますが、物損事故でしたら、鑑定費用などを考えると、それによって増加する受取額を超えてしまうということも考えられますので、それも考慮した上で落とし所を考える必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

参考になりました。

 

書きそびれたのですが

相手車は、あきらかにウチの駐車場に乗り上げて突っ込んできたのですが

これも、証明のしようがないのでダメでしょうか?

私の車のパンパーには、ほんのちょっとの擦り傷しかないのに

ヘッドライトは斜め右上向きに押し込まれています。

 

事故が起きたそのままの当車の停止位置の写真も撮ってあります。
(駐車場から前輪が降りた状態)

 

ベランダから、駐車場全体を撮って

相手車の導線を見れば、あきらかに駐車場に乗り上げて走ってきたことがわかるはずです。

一般道路を直進しているとはいえない状況です。

 

これで、相手の暴走運転を証明することはできないでしょうか?

 

 

graphic

専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
可能性は十分あるかと思います。
ただ、あくまで人間同士の交渉ですので、大した証拠がなくても説得力があるような話し方を出来る人もいれば、十分な証拠が持っているのに交渉負けしてしまう方もいます。
交渉負けしないためには、可能な限り、形式を整えた資料として作成するとよいでしょう。

単に写真を出して口頭で説明しただけでは、わかっていても、よくわからないととぼけられたり、言葉を濁して適当にあしらうような担当者もいるかもしれません。そういったことをさせないためにも、導線を実際に写真や地図に書き込み、このような動きをしたから、このようにぶつかって、ここが破損した、通常の運転ではありえない進路を取ってるということを、図面を文書を併用して作成し、保険会社に提出すれば、交渉負けしにくくなるでしょう。
houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問