JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 343
経験:  立命館大学産業社会学部卒 業務経歴23年の行政書士です。
61543350
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

交通事故被害者です。酒気帯び運転の車に青信号を自転車で横断中はねられました。まだ入院中です。加害者側の弁護士から加害

解決済みの質問:

交通事故被害者です。酒気帯び運転の車に青信号を自転車で横断中はねられました。まだ入院中です。加害者側の弁護士から加害者側の両親が謝罪にいきたいといっていると連絡がありました。初めてのことなのでどのように対処したらよいのかアドバイスをいただけると助かります。知人が多分嘆願書をかいてほしいと言ってくるの ではないかといっているのですが、警察の実況見分もこちら側は立ち会っておらず、事故の状況も100パーセント相手側の過失であると思うのですが、詳しいことも警察からきけていないのでよくわからない状況です。法律については素人なので、これからどのように事を進めていいのかわかりません。こちらも弁護士に相談したほうがいいでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  sin4864 返答済み 6 年 前.

酒気帯びの人身事故ですから、加害者は懲役の可能性もあります。あまり、加害者の両親には会わない方が良いでしょう。相手の弁護士と会うべきです。嘆願書については、まず事故の損害賠償請求とは別に切り離して考えます。きちんと、キッチリ補償をしてもらうことが、被害者の立場ですからね。

加害者を許しても良いとお考えなら、嘆願書をいくらで売るか考えます。もちろん、領収書なしのお金です。書くも、書かないのも、被害者の気持ちひとつですから、なるべく高く売りつけましょう。

弁護士を使うか否かは、裁判をやるか否かです。賠償額が大きい事故は弁護士を使ったほうがよい場合もありますが、交通事故専門の行政書士に損害賠償請求書の作成を依頼して、交通事故紛争センターを利用して解決するのが一番安く上がるでしょう。

sin4864をはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問