JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Catosuriに今すぐ質問する
Catosuri
Catosuri, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 93
経験:  I was working for TOYOTA garage for 10years.I have a 1st grade of TOYOTA official license
60361493
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
Catosuriがオンラインで質問受付中

ランドクルーザープラド 1KD-FTVエンジンのシリンダー内に冷却水がはいってしまう。けっこう大量に。

質問者の質問

ランドクルーザープラド 1KD-FTVエンジンのシリンダー内に冷却水がはいってしまう。けっこう大量に。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  Catosuri 返答済み 1 年 前.

早速ですが質問に回答させていただきます。

多くの場合シリンダー内に冷却水が入ってしまうのはシリンダーヘッドガスケット(シリンダーブロックとシリンダーヘッドの間に入っているシリンダーと冷却水、オイルが通る穴が開いている板状のもの)が切れているケースが多いです。

ラジエターに水をきちんと入れた状態で、キャップをあけエンジンをアイドリングさせていると、なかから空気がボコボコで続けたり(通常はエア抜が抜けきると空気はでないが、シリンダーの圧力がガスケットの切れている所から冷却系統に逃げている為)冷却水に油が混入しているかどうかは一つの判断基準になります。

ただ、最終的にはエンジンヘッドを外し、そのガスケットを確認することでしか判別できません。シリンダー同士の間の部分が細くなっているのでそこが切れていたりするのでよく確認してください。

まだどのくらいの量が流れ込んだのかがわからないのですが、大量にということであればウォータハンマーというシリンダー内に冷却水が入り込んだ状態でエンジンを回すことで、コネクションロッドを損傷し圧縮が上がらなくなるという現象が起きている可能性もあるかもしれません。

まずはシリンダー内への冷却水の入っている経路をふさぎ、その後圧縮圧力を計測して正常であれば問題ありませんが基準値を大きく下回るようであればエンジンの部品交換が必要になります。

トヨタ についての関連する質問