JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

質問をお願い致します TOYOTA ソアラ 2800GT 初年度 S59年9月 ですが GSにて 給油後 走り始めて

解決済みの質問:

質問をお願い致します TOYOTA ソアラ 2800GT 初年度 S59年9月 ですが
GSにて 給油後 走り始めて 30m程度で エンスト 初爆のみの症状です
燃料ポンプを 新品交換しても 初爆のみの症状は変わらず
エンジンが掛かりません  ガソリン送圧は OK プラグ新品・コード交換済み
軽油入れ間違えは ありません(記録で再確認しました) 
考えられる 故障箇所をお教え下さい
以上 よろしくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

①燃料送圧確認済みとのことですが、デリバリーパイプ直前で燃圧計などを用いて測定されたとの理解でよろしいでしょうか?
ポンプ交換の際、燃料フィルターの交換も同時に実施されたと考えてよろしいでしょうか?

②点火の確認はお済みでしょうか?

情報提供よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


to 9circleさま


 


ご連絡をありがとうございます


追加情報です


①燃料送圧の確認は インジェクション手前のバルブ付近の


 


燃料ホースを緩め セルを回し 燃料の噴出を確認しております


(整備士による確認)


・燃料フィルターは交換しておりません


②点火に関しては 1ヶ月前に交換済み(プラグ・コード・キャップ含む)


 今回は未確認ですが 初爆は 毎回起こるため 問題無いと判断してました


 


エンジンの止まりかたが ガス欠時のような感じです


エアクリーナーをはずしても 症状は変わりません


エアフロセンサー不調の場合 アイドリング不調でも 掛かり


吹け上がらないと伺いましたが・・・


 


以上 少ない情報ですが アドバイスをお願い致します


 


 

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
追加の情報提供ありがとうございます。

燃料系統に絞ってお話を進めていこうと思います。

①当方の認識で初爆と言うのはほんの一瞬のブルッという感じなのですが、質問者様のお車の初爆は例えば1秒以上続くような長いものでしょうか?

②フューエルポンプ強制駆動の端子、記憶が曖昧ですが黄色い丸いコネクタに茶色のゴム キャップが被っているものがエンジンルーム内のハーネスに存在しているか、もしくは年式の差異で17ピンのダイアグノーシスコネクタのfp端子の存在をご確認ください。

フューエルポンプを強制駆動してエンジンが掛かればフューエルポンプ制御にかかわるE機能不全です。いつもエンジン始動して決まった秒数でエンストするならばECU内部のフューエルポンプリレー駆動回路の不良が濃厚です。

いかがでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

to  9circle さま


 


アドバイスをありがとうございます


修理工場の整備士と話をしたのですが


燃料は インジェクションまで来て 噴出す圧力もあるので


点火系 デスビの中のピックアップコイル?が疑わしいのでは


・・・との話です


初爆・・・1秒程度の爆発で 毎回初爆は起きる状況です


半日置くと 初爆から 吹け上がり 2500回転程度であおれば


回転が維持出来ました 昨日・今朝 アクセルを放すとエンスト


以降 初爆のみです


始動の場合 全気筒点火し 以降 順番?に 点火をずらすため


爆発が繋がらないのでは・・・とのことです


 


燃料系だけで無く 点火系統の疑わしき点をアドバイス頂けたら


ありがたいです


 


以上 よろしくお願い致します


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

to  9circle さま


 


アドバイスをありがとうございます


修理工場の整備士と話をしたのですが


燃料は インジェクションまで来て 噴出す圧力もあるので


点火系 デスビの中のピックアップコイル?が疑わしいのでは


・・・との話です


初爆・・・1秒程度の爆発で 毎回初爆は起きる状況です


半日置くと 初爆から 吹け上がり 2500回転程度であおれば


回転が維持出来ました 昨日・今朝 アクセルを放すとエンスト


以降 初爆のみです


始動の場合 全気筒点火し 以降 順番?に 点火をずらすため


爆発が繋がらないのでは・・・とのことです


 


燃料系だけで無く 点火系統の疑わしき点をアドバイス頂けたら


ありがたいです


 


以上 よろしくお願い致します


 

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
追加の情報提供に感謝申し上げます。

ご相談されている整備士さんに、燃圧計の取り付けと、ピックアップコイルが疑わしいならオシロスコープで波形の観察をお願いしてください。

初爆と申しますのは、一般的には私が前述しましたとおり1秒よりはるかに短い一瞬の爆発で、1秒程度続くものは初爆とはいいません。それはきっちりエンジンが始動して1秒程度で停止したという見解が正しいと思います。また、冷間始動時にアクセルを開けておくと2500rpm付近で維持できたというのも初爆のみではないとの裏付けかと思います。

ディストリビュータ式の場合、始動時全気筒同時点火は構造的にありません。始動時から決まった順序で点火します。

ディストリビューター内のカムポジションセンサのピックアップコイルが不良であればインジェクタの動きも止まるはずですから、インジェクタへの通電波形もオシロスコープで観察する必要があります。

このような測定は面倒なプロセスですが、いくつか考えられる原因を特定するには必須の診断手順です。当てずっぽうな診断で無駄な時間やお金を消費するより、オシロや燃圧計を調達してでも確実なデータの裏づけで近道をしてほしいと考えます。

よろしくお願いします。
9circleをはじめその他名のトヨタカテゴリの専門家が質問受付中

トヨタ についての関連する質問