JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

アイシスの新車を購入しました。試乗に4WDが無かったので、FF車を試乗し足回りが特に気に入ったため購入しました。実車

解決済みの質問:

アイシスの新車を購入しました。試乗に4WDが無かったので、FF車を試乗し足回りが特に気に入ったため購入しました。実車は4WDなのですが、試乗したFF車 とは明らかに車の挙動が違うので「あれれ?」と思い調べてみると、4WD車の方が全高が30mm高く地上最低高は同じでした。
それは多分デフやトランスファーを下に抱えてる分最低地上高を同じにするように「底上げ」しているんだと思いました。挙動で気になるのは、重心が高いとかそういう部分よりも、不自然な揺れ方というか、収束の悪さが気持ち悪いんです。そこで質問です。FFに比べ4WDはサス自体が長いんでしょうか?FFが基準設計だと思うんですが、実際FFよりかなり大きくタイヤ上とタイヤハウスクリアランスが開いているのですが、車軸の水平角度がFFと違ってもドライブやパワステに悪影響は無いんでしょうか?車高を下げてでも、FFのノーマルサスのアライメントに戻したい場合、純正FFのサスはつかえるでしょうか?それとも、取り付けその他FFと4WDでは何か決定的な違いがあるのでしょうか?サービスマニュアルも部品表もない段階での質問なので、サスの長さだけが違うんじゃないか?という予測で書かせていただいたので、もしかしたらトンチンカンな話かもしれませんが、よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

私はメーカー設計者ではありませんので想像の域を越えませんが参考までに以下述べさせていただきます。

アイシスに限らず、その他多くのトヨタのFFベースの4WDは、全くお察しの通りで、FFを基本設計とし、コストダウンのためできるだけFFの部品を流用した4WDモデルです。

最低地上高に関しては、メーカー内部のガイドラインがあると考えておりまして、それに沿うように無理に車高を上げている感は否めないと思います。

質問者様が体感されたのは全くその通りでして、FFを基本設計にしたサスペンションが最もバランスがよく、4WDで車高を上げているものはサスペンションの稼働中心が上昇しているため随分乗り味が違うと思います。

さて、FFと4WDの車高の違いは単純にコイルスプリングの長さと考えていただいて差し支えないと思います。

ただ、部品検索ではFFと4WDは違うパーツナンバーで出て参りますので、検索システム上は違うパーツという回答になりますが、実車を目視で比較する限りはフロントストラット、リアトーションビームという基本的な構成に差異はなく、もちろん保証はいたしかねるのですが、FFのスプリングを4WDに装着できるのではないかと考えています。

社外品のショックアブソーバーたとえばKYB SR の適合をみますと、フロントはFFと4WDで共通、リアは品番違いとなっていますので、フロントに関してはストラット式ですからスプリングとショックアブソーバが同軸で組まれているため、間違いなくFFと4WDでスプリングは互換ですが、リアは注意が必要と思います。

リアに関してはFFも4WDもトーションビームでスプリングとショックアブソーバは別配置です。スプリングシートまでFFと4WDで変更しているとは考えにくいですが、可能であればディーラーなど多くの同型車のある場所でお願いし、大まかな寸法だけでも確認できれば確実と思います。


以上でございます。ご不明な点がございましたら遠慮なくお申し出ください。







9circleをはじめその他名のトヨタカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます、単なる底上げでFFのスプリングをフロントリア共に移植すれば済む話であれば助 かるんですが・・・4WDはドライブトレインやデフがありますし、なんらかの回避目的の付帯部品があると厄介だなと思います。施工できたとして、通常のFFアイシスとはノーズとテールの地上高が同じくらいになり、ヂパーチャーアングルとかも大差ないと思うんですが、最低地上高が160mmから130mmになる計算です。これは実用上問題ない高さでしょうか?アイシスのオプションカタログにはモデリスタ扱いでローダウンスプリングが載っていて、プラタナ専用で30mmダウンの設定なのですが、FF,4WDの記載がありません。販売店置きのカタログにトヨタモデリスタでローダウンスプリングが出されていて、それでローダウンが可能であるならば、「仮に、単純にスプリング長がFF,4WDで違うことさえ確認できれば」スプリングの変更だけで行ける可能性があるということなのではないかと・・・そう考えてしまうんですが。スプリングの全長を知るすべはありませんでしょうか?また、その可能性についてどう思われますか?

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

ご存知のことと思いますが、道路運送車両法の保安基準では最低地上高は90mm以上となっておりますので、公道を走行するのに法的な問題はございません。

ただ、コインパーキングなど、道路の突起物のある場所では一番低いデフが干渉しないか注意する必要はあるかと思います。

スプリングの全長を確認するのは、少々難しいかもしれませんが、地域で一番大きなトヨタ部品共販に在庫があれば、おねがいすれば現物を見せてくれるかもしれません。但し車検証情報の提示が必要ですので、4WDは質問者さまのものでよいとしてFFの車検証情報をなんらかの形で入手する必要がございます。

私の考える方法はこのようなものしかございませんがいかがでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不完全.

トヨタ についての関連する質問