JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

はじめまして、エスティマを中古車で購入したものです。 2年間あまり稼働していない状態で 6月末に車検・整備を行い

解決済みの質問:

はじめまして、エスティマを中古車で購入したものです。
2年間あまり稼働していない状態で
6月末に車検・整備を行い7月7日に車を納車してもらい、2週間以内に
オルタネーター故障、7月29日にオーバーヒートでエンジン破損に
至りました。
車検通して・整備も受けてこの事態に整備自体に問題なかったのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  9circle 返答済み 5 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。


まずはオーバーヒートに関してです。

オーバーヒートに至る原因には様々ございます。

冷却液の漏洩が進行して行き、冷却水不足になりオーバーヒートしたということであれば車検整備時の点検不足が懸念されます。

しかし、ラジエータホースやラジエータ本体の突発的な破損やサーモスタットの開き不良の場合、予見が困難な場合がございます。

エスティマの2400ccエンジンはウォーターポンプの取り付け面からの冷却水漏れが比較的多発していますので、エンジン載せ替えの前にチェックされるとよいでしょう。(トヨタ純正の冷却液であれば)固形化した薄いピンクの漏れ跡が残っていれば、1ヶ月くらいの漏洩ではありませんので、点検整備不良を訴えることができるでしょう。

オーバーヒートに至った原因を点検整備した業者にしっかりとお問い合わせください。



次にオルタネーターに関してです。

オルタネーターの不具合は比較的突然に起こります。車検時には予想できかなった可能性が高いように思います。予防的に交換するには高額な品物になりますので、こちらに関してはタイミングが偶然であったと考えるのが自然かと思います。


以上でございます。よろしくお願いします。
9circleをはじめその他名のトヨタカテゴリの専門家が質問受付中

トヨタ についての関連する質問