JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yymmに今すぐ質問する
yymm
yymm, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 386
経験:  その他メーカーも大丈夫!おまかせください。
61013598
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
yymmがオンラインで質問受付中

本日エスティマに乗っていて信号待ちをしていた際、信号が青になったのでブレーキから足を離したとたん車がバックしだした、

解決済みの質問:

本日エスティマに乗っていて信号待ちをしていた際、信号が青になったのでブレーキから足を離したとたん車がバックしだした、慌ててブレーキを踏み直しギアを入れ直したら何事もなく発進した(ギアはドライブに間違いなく入っていました)。何か考えられる原因は?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  yymm 返答済み 5 年 前.
回答が遅くなりもしわけございません。

ご質問ありがとうございます。現車を拝見していませんので的確なアドバイスは出来ないかもしれませんが今後の修理の参考になればと思い回答させて頂きます。
必ず現車を点検された整備士の方の意見を優先してください。

お車を拝見していないので一般論になりますご了承ください。
考えられる原因>
シフトレバーはワイヤー等でオートマチックトランスミッションのマニュアルバルブに繋がっています。
レバーの動きに応じてPRND2およびLの各レンジの切り替えを行っています。

正常なお車の場合、手動で直接ドライバーがトランスミッションの油路の切り替えを行うため誤作動というのはまずありえません。
マニュアルバルブがDの位置に有る時はバックできない構造になっています。

しかしシフトレバーがDの位置に有るにもかかわらずマニュアルバルブがRの位置になってしまう可能性はないとはいいきれません。
リンク部や ワイヤー部の不具合です。

現時点の情報だけで考えられるのはお手元のレバーはDレンジにもかかわらずミッション本体のマニュアルバルブはRレンジに入っていた可能性があるということです。

必ずDレンジでバックしてしまう状態が再現できれば故障箇所の特定はできるとおもいます。

ディーラーさんもしくはかかりつけの修理工場でリンク部、ワイヤーの目視点検。
およびお手元のレバーがDレンジの時のマニュアルバルブの位置等を早急に点検してもらう必要があります。

ブレーキを放したとたんと情報を頂いていますので信号待ちでDレンジに入れっぱなしで停車中も付け加えて
診断してもらって下さい。(Dレンジ入れっぱなしが大きなヒントになるかもしれません)

以上が現時点でアドバイスできるすべてになります。
その他疑問点が出てきましたらお気軽にご相談ください。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近回答を読んでいるのにも関わらず音沙汰無しが目立ちます。
納得いただけた場合は承諾をお願いします。
なるべく皆さんが承諾できる回答を得られるように全体で努めてまいりますので承諾できなければ遠慮なく承諾できない旨をお知らせください。
回答権を他の専門家にお譲りします、しかし納得できない理由を添えて頂かないと他の専門家も回答の方向がわからないので出来れば理由もお願いします。もちろん私が回答できる範囲であれば回答させて頂きます。

私は自動車業界の人間で少しでも整備業界を良くしたいと思い活動しております。
自分で修理をしたいので修理方法を教えて下さい、整備書をください等の質問にはお答えできませんのでよろしくお願いします。

承諾を頂けるまで何度でも回答する覚悟で取り組ませて頂いています。質問内容によってはお力になれない事もあると思いますが出来る限りの事はさせていただきますのでよろしくおねがいします。





yymmをはじめその他名のトヨタカテゴリの専門家が質問受付中

トヨタ についての関連する質問