JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 16
経験:  dasdasd
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

平成28年に家を建て替えて平成29年に確定申告をしました。 その際、他に持っていた不動産を建築費用の一部にあてました。

質問者の質問

平成28年に家を建て替えて平成29年に確定申告をしました。
その際、他に持っていた不動産を建築費用の一部にあてました。
確定申告の際にも申告済みで税金も納付しましたが、実際の不動産譲渡の発生は手放した不動産(土地)に家を建て売れた平成29年になり、税務署から今年不動産譲渡所得を申告する手紙が届きました。どうすると良いですか?
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  specialone 返答済み 12 日 前.

よろしくお願いします。

質問の内容を整理させてください。

平成28年において建て替え費用の一部として不動産を売却した。

その売買については平成28年に譲渡の申告を行い、税金も納付した。

平成29年に当該不動産の譲渡について申告するように手紙が届いた。

ということでよろしいでしょうか?

であれば、手紙(おそらく税務署からのお尋ねだと思います)に返信用の葉書か封筒があると思います。

そこに、「平成28年に申告済み」と記載して送ればいいです。

おそらく、不動産の登記名義の変更は平成29年に行われたのではないでしょうか?

法務局から不動産名義の変更があると税務署に連絡が行き、それを元に税務署はお尋ねを出します。

28年に申告した不動産と同一かどうかまでは確認していないので、それでお尋ねが来たのかと思います。

こちらの認識に誤りがあればどうぞご質問ください。

専門家:  specialone 返答済み 10 日 前.

こちらの認識に特段大きな誤り無いということであれば、既にお答えした内容で回答とさせていただきます。

税金 についての関連する質問