JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

今年、父が実家を売却し同居を始めました。

質問者の質問

今年、父が実家を売却し同居を始めました。
売却で得た金額は2,000万円以下だったのですが、非課税にする事が可能であると聞きましたが、どのような制度なのか詳しく教えて頂けないでしょうか。
また注意点がありましたらこちらも併せて
教えて頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  kokyou 返答済み 1 年 前.

回答させて頂きます。

ご質問の通り、

不動産売買の場合、その譲渡益に対し不動産譲渡課税されるのが一般的です。

しかしそれがマイホーム(居住用財産)の場合、

所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円控除ができる特例があります。

これを居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例といいます。

この特例の条件概略は以下の通りです。

1.自分で住んでいた住宅であること。又は、住まなくなって3年目の年末までに売却すること。

2.売った年の前年及び前々年にその他特例を受けていないこと。

3.親子や夫婦等の特別関係者に売ったものでないこと。

であれば確定申告でその旨届け出てください。

その他、注意点等もありますので、

念の為税理士さんないし下記サイトで確認してください。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3302.htm

参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
35443;しくご説明頂きありがとうございます。
譲渡所得から3000万の控除が出来る
特例がある事は知りませんでした。
こちらが適用されるかどうか一度税理士の
方に相談してみようと思います。
専門家:  kokyou 返答済み 1 年 前.

そうですね。

特例に該当すると思われますので、

税理士さんないし税務署にて確認ください。

税金 についての関連する質問