JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

主婦です。 FXについて教えてください。 H27年度 55万円利益 H26年度 -67万円損益 H25年度

解決済みの質問:

主婦です。
FXについて教えてください。
H27年度 55万円利益
H26年度 -67万円損益
H25年度 -2万円損益
H25、H26年度は損益でしたので、確定申告しませんでした。
H27年度55万円の利益が出ましたので、確定申告する必要がありますが、
その場合、過去に遡り損益通算ができますか。
また、配偶者控除は受けられますか。
なお、H26年度には、投資信託(特定口座、源泉徴収あり)で200万円ほど利益があります。
以上よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。お答えいたしますのでよろしくいたします。 結論から申し上げますと、遡って損失をくりこすことはできません。 まず、FXで損失が出た場合、同じ年に生じている他の「先物取引に係る雑所得等」(FX等の取引)の金額との損益通算は可能です。つぎに、上記の損益通算をしてもなお引ききれない損失が出ている場合、一定の要件の下で、翌年以後3年内の各年分の「先物取引に係る雑所得等」の金額から控除することができます(繰り越し控除)。この繰り越し控除は、損失が出た年の確定申告において、手続きをしておかなければ、利用できません。手続きをしないで、後から利益が出たから、遡って繰り越し控除を使いたい、ということできません。損失が出たときは、もしかしたら将来利益が出るかもしれないと考えて、繰り越し控除の手続きをしておかないといけないのです。 残念ですが、以上のとおりです。 次に、配偶者控除の対象配偶者となるかですが、配偶者控除対象配偶者は、「所得」38万円以下の人です。最終的に55万円の利益が出ているので、雑所得が55万円となり、配偶者控除対象から外れます。(なお、株式等を特定口座で保有している場合で源泉徴収されている場合には、株式譲渡利益等による所得は、配偶者控除対象の判定の際に、その所得を参入しないという優遇があります。ですから、投資信託の売却利益が200万円でても配偶者控除から外れることはないのですが、FXの所得は、そのような優遇はないのです。)以上から配偶者控除は使えません。ご主人がお勤めである場合、年末調整等で、配偶者控除を適用をしている場合、おそらく税務署から会社にやり直しするように指示が行きます。 以上ご検討下さい。ご検討ください。
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。お答えいたしますのでよろしくいたします。 結論から申し上げますと、遡って損失をくりこすことはできません。 まず、FXで損失が出た場合、同じ年に生じている他の「先物取引に係る雑所得等」(FX等の取引)の金額との損益通算は可能です。つぎに、上記の損益通算をしてもなお引ききれない損失が出ている場合、一定の要件の下で、翌年以後3年内の各年分の「先物取引に係る雑所得等」の金額から控除することができます(繰り越し控除)。この繰り越し控除は、損失が出た年の確定申告において、手続きをしておかなければ、利用できません。手続きをしないで、後から利益が出たから、遡って繰り越し控除を使いたい、ということできません。損失が出たときは、もしかしたら将来利益が出るかもしれないと考えて、繰り越し控除の手続きをしておかないといけないのです。 残念ですが、以上のとおりです。 次に、配偶者控除の対象配偶者となるかですが、配偶者控除対象配偶者は、「所得」38万円以下の人です。最終的に55万円の利益が出ているので、雑所得が55万円となり、配偶者控除対象から外れます。(なお、株式等を特定口座で保有している場合で源泉徴収されている場合には、株式譲渡利益等による所得は、配偶者控除対象の判定の際に、その所得を参入しないという優遇があります。ですから、投資信託の売却利益が200万円でても配偶者控除から外れることはないのですが、FXの所得は、そのような優遇はないのです。)以上から配偶者控除は使えません。ご主人がお勤めである場合、年末調整等で、配偶者控除を適用をしている場合、おそらく税務署から会社にやり直しするように指示が行きます。 以上ご検討下さい。ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問