JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

確定申告をするのですが、息子名義の一戸建てのローンの返済の一部、月3万円ほどを、2015年、8回、計24万円、息子名

解決済みの質問:

確定申告をするのですが、息子名義の一戸建てのローンの返済の一部、月3万円ほどを、2015年、8回、計24万円、息子名義の銀行通帳に入金したのですが、税金控除の対象になりますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士、1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。回答いたしますのでよろしくお願いします。結論から申し上げますと、ご質問者様の確定申告において、控除することはできません。 本件送金が、ご質問者様の、事業所得又は不動産所得の経費に該当するような場合には、事業所得・不動産所得の計算上、経費として、事業・不動産収入から控除することは考えられますが、ご子息の自宅不動産のローンの支払いと言うことですので、おそらくご質問者様の事業及び不動産事業に関係するものではないと推察いたします(事実関係が不明なので、記載からこのように推測します)。 子供への住宅ローン資金については、いずれの所得控除にも該当しません。そこで、確定申告の際、所得から控除することはできません。 なお、ご子息への月額3万円、合計24万円の送金は、税法上は、贈与(みなし贈与)と扱われます。贈与した場合、贈与された側が、贈与税を払う必要がありますが、贈与税は、通常の場合(暦年課税制度)、年間110万円の基礎控除があり、この額以下の贈与は贈与税は発生いたしませ(確定申告も不要です)。 以上ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問