JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

家内が母親の介護のため事業所(看護師として勤務)を8月末で退職し9月から同じ職場でパート勤務を始めました。月に10万

解決済みの質問:

家内が母親の介護のため事業所(看護師として勤務)を8月末で退職し9月から同じ職場でパート勤務を始めました。月に10万円ほどの収入になりますが、私の扶養家族にするためには年収をどの程度で抑えなければならないでしょうか
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
1 所得税(市民税も)の扶養の場合
妻が一定の所得以内の場合、所得控除としての配偶者控除(38万円)を差し引いて所得税計算できます。
配偶者控除を利用するためには、当該配偶者の「所得」が38万円以下でないといけません。
給与収入の人の場合、所得は次のように計算されます。
給与所得=収入-給与所得者控除
給与所得者控除は、必ず65万円を控除できます。
そこで、年間収入(支給総額)が103万円以下ですと、給与所得が38万円となるので、配偶者控除が利用できます。
所得が38万円を超えても、所得76万円未満ですと、配偶者特別控除が受けられます(所得によって控除額が異なります)
※給与所得の計算方法について(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
配偶者控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
配偶者特別控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
2 健康保険、年金について
健康保険、年金の扶養者となるには、収入が130万円未満であることが必要です。
(所得ではありません。)
以上ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問