JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士・CFP
71156846
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

今、パートで年収80万弱有ります。今月、65歳になり国民年金の受給が可能です。年金は年72万程になります。今まで通り

解決済みの質問:

今、パートで年収80万弱有ります。今月、65歳になり国民年金の受給が可能です。年金は年72万程になります。今まで通りに配偶者控除を受けられますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
配偶者控除は、
年間合計所得が38万円を超えるとうけられません。
(それ以上になると配偶者特別控除で所得76万円未満まで段階的に控除が受けられます)
本件の場合、給与と、年金が受けられると言うことなので、年金(雑所得)を併せて、所得が38万円を超える画家が問題となります。
所得計算は、次のとおりです。
給与所得の場合
給与収入-給与所得者控除=給与所得
(給与所得者控除は、給与収入180万円までは収入の40%、ただし、この計算結果が65万に満たない場合は65万を控除できる)
そこで、
80-65=15万円(給与所得)
雑所得(年金)の計算は、年金額が72万円の場合
120万円まで雑所得は0円。
以上から、ご質問者様の所得は、合計15万円ですので、所得38万円以下ですので、配偶者控除の対象となります。
ですから、年金を受け取ってもかまいませんし、繰り上げて年金受給額を高くすることを選んでも良いと思われます。
ご検討下さい。
参考
配偶者特別控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
給与所得者控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
雑所得計算(年金)
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm
fplawyerをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問