JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

海外在住です。3年前からフリーランスの仕事をしているのですが、海外転出届けを出しています。取引先はすべて日本の出版社

解決済みの質問:

海外在住です。3年前からフリーランスの仕事をしているのですが、海外転出届けを出しています。取引先はすべて日本の出版社で、日本の口座を使用しています。振り込み時には20%の源泉徴収をされております。
どのように納税をするのがいいのかが分からないのですが、私は日本に納税をするべきなんでしょうか?教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 税金
専門家:  t8toshio 返答済み 2 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。
まずあなた様が日本に住所があるかどうか、現在まで引き続き1年以上居所を有するかどうか、日本国籍を有するかどうかなどにより、非居住者、非永住者、永住者の区分をします。
(住所:その人の生活の本拠といいます。居所:その人の生活の本拠ではないが相当期間継続して居住する場所のことをいいます)
その区分に従って判断することになります。
区分方法は下記になります。
(A)
日本に住所を有しておらず、現在まで引き続き日本に1年以上居所を有していない→非居住者
(B)
A以外の場合で、日本国籍を有しておらずかつ過去10年間のうちに日本に住所又は居所を有していた期間の合計が5年超でない →非永住者
(C)
A又はBに該当しない → 永住者
(1)非居住者の場合
日本国内源泉徴収のみ課税されます。
→今回の源泉徴収で完結するため、特に日本で納税する必要はありません。
(2)非永住者の場合
日本国内源泉徴収と国外源泉所得のうち日本国内において支払われ又は外国から送金された部分が課税の対象となります。
→確定申告が必要となります。
(3)永住者の場合
日本国内だけでなく全世界での所得が課税の対象となります。
→確定申告が必要となります。
以上 ご参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。
t8toshioをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問